ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROSS Phaserを作ろう その14 ~ささやかな贈り物~

さてROSS Phaserが完成し、サンプルサウンドを公開したことでこのエフェクター
に関する記事は全て書き尽くしたと思っていたのだが、大事なことを忘れていた。

改造ポイント紹介の時、『完成後にPCBレイアウトを公開する』等とほざいて
おきながらすっかり忘れていた(笑)。

何やってんだオイラは。ちなみにtakerockは色々な異名を持っているがその中で
『忘れ物王』という非常にありがたくない異名も持っている。
ちょっとカッコよく言いなおせば『忘れ物キング』だ。お、なんか強そうだ。
カードで戦ったりするかもな(笑)。

ではPCBレイアウトを公開しよう。

ROSS Phaser PCBレイアウト

PCBレイアウトはPCBEというエディタで作成している。リンク先からダウンロード
して解凍すればすぐに使用できるはずだ。

OHPシートに印刷して感光基板で作成するなりして欲しい。
上記ファイルの中に、改造ポイント紹介の時に使った説明資料もつけているので
そちらも参考にしながら製作して欲しい。

尚、基本はtonpadのレイアウトなので以下の2つのファイルは必須となる。

tonepad_rossphaser.pdf
tonepad_rossphaser_extra_phase_stages.pdf

製作過程で不明な部分があったら、BBSででも質問して頂ければ分かる範囲で
答えよう。

では、健闘を祈る。
スポンサーサイト

ROSS Phaserを作ろう その13 ~こんな音しまっせ~

さて、ROSS Phaserである。今日はサンプルサウンドを公開しよう。

例によって大したことはやっていないのであまり期待しないように。
また、『プッ』とか吹きだすのも禁止だ(笑)。

サンプルサウンドの録音は前回と同じく
ギター → ROSS Phaser → アンプシミュレーター(KORG A4) → PC
という接続で録音している。

ちなみに録音時のセッティングはRATE:12時、RECYCLE:フル、LEVEL:12時程度だ。
ではお聞き下され。

原音~エフェクトON~ExtraStage
 最初にエフェクトがかかっていない状態からROSS Phaserをオンにする。
 その後ExtraStageスイッチをONにしている。
 ExtraStageスイッチONは効果が更に太くなっているのですぐにわかるだろう。

VIBスイッチ
 エフェクトONの状態の後、VIBスイッチをONにしている。
 効果が薄くなり、爽やかな感じだ。
 LEVELつまみは触っていないのでこの時音量が少し下がっている。

SPEEDスイッチ
 エフェクトONの状態の後、SPEEDスイッチをONにしている。
 いきなり位相変化のスピードがアップしてるのがわかるだろう。

おまけ ~浪曲でもいかが~
 ROSS Phaserの前にLandgraffをかませて歪ませて遊んでいたら、何故か
 浪曲風になっておもしろかったので録音した。
 興味のある方はしぶ~く唸って頂きたい(笑)。

とまぁこんな感じだ。色々遊べるエフェクターではあるのだが、使いこなすまで
には時間がかかるだろうな。
ま、じっくり攻めてやるぜ。

ROSS Phaserを作ろう その12 ~完成!~

ついにROSS Phaserが完成した。ま、見て下され。



自作のエフェクターにはいつも『takerock works』のロゴを入れるのだが、
今回はスペースがなくてどうしようかと迷った挙句、一番上にひっそりと
付けた。
ピンクの塗装に風神様がいい味をかもし出している。
ちなみにLEDは"紫"にしており、怪しさ満点だ(笑)。
嫁からは『中学生か』と一笑に付されたのであるが・・・



つまみ3つ、トグルスイッチ3つという、なんともコッテリしたエフェクターに
なった。
では説明していこう。

RATE:左側のつまみだ。位相変化のスピードを調整する。

RECYCLE:右側のつまみだ。実は改造ポイントの紹介記事でtakerockは
大嘘をぶっこいてしまった。これは原音とエフェクト音のMIXレベルではなく、
効果の深さを変えるつまみだ。スマン。

LEVEL:中央のつまみだ。音量の調整をする。原音よりデカくすることも可能だ。

ExtraStageスイッチ:左側のトグルスイッチだ。かかり方が更に深くなって
エグ~い音になる。

VIBスイッチ:中央のトグルスイッチだ。回路の一部をカットすることに
よって、かかり方が薄くなる。音が若干小さくなるのだが、LEVELつまみで調整
するので問題ナシだ。

SPEEDスイッチ:右側のトグルスイッチだ。位相変化のスピードがアップ
する。スーパーマリオでいう"B"ボタン長押しみたいなもんだ(笑)。
SPEEDスイッチをONにしてRATEを最大にすると、最早意味不明の音になる(笑)。
ギュルルル~って感じのな。

色んな音を出して遊べるエフェクターになったぞ。
明日はサンプルサウンドを公開しよう。

ROSS Phaserを作ろう その11 ~組み込みだす~

昨夜は我がNAKED TWISTERSのドラム、Kazzが新しくパソコンを買ったので使える
ように色々と設定してあげた。

ソフトのインストール中等は結構待ち時間も多いのだが、あろうことかKazzは
『呪いのビデオ』をtakerockに見せ始めやがった。
この『呪いのビデオ』っつーのは一般人が撮影したビデオに偶然オバケが
映っちゃったりしてるのを集めたものなのだ。
takerockはランディと2人で『世界ビビリ王者決定戦』の優勝を争うほどの
ビビリさんなのに・・・ 

おかげで昨夜は布団に入った後、頭の中でずっと『ドラえもんのテーマ』を歌い
続けるハメになった。 ♪あったまテッカッテ~カ♪ってな(笑)。

さて、気を取り直してROSS Phaserだ。
今日はケースに部品を組み込んで完成と洒落こもう。

慣れた要領で部品をケースに組み込んでいく。
今回は基板がデカいうえにスイッチも多いのでケース内の配置が大変だ。



今回は基板が大きいこともあり、電池は使わずACアダプターのみでの駆動とした。
他のエフェクターも全てパワーサプライから電源供給してるので問題ない。

ちなみにACジャックはメイン基板下部のスキマに押し込んだ。この部分には
トグルスイッチがあるのでその横の余ったスペースを有効活用だ。

通常であれば、クッション材付きの両面テープを使って基板をポットに固定する
のだが、今回は基板が2段重ねなのでクッション材の厚みでケースに収まらなくなる。
よって模型用のマスキングテープをポットに貼って絶縁することにした。



同様にケースのフタにもマスキングテープを貼って絶縁することにする。



よし、これで完成! 完成図は明日公開しちゃおう。

ROSS Phaserを作ろう その10 ~変態ってどんな色~

こんばんは、アタマに"ド"がつく真面目なtakerockさんです。
ハイそこ、『え~~?』とか言わないように。

さて、今日もROSS Phaserである。今日は塗装でもやってみようじゃないか。
エフェクターのケース加工には色んな技があり、ケースの表面に色々な素材を
かぶせる方もいれば、ケースを少し溶かして浮き彫りのようなキレイな模様を
作っちゃったりするツワモノまでいる。

takerockはといえば、オーソドックスにケースを塗装し、その上にラベルを貼って
コーティングする手法をとり続けている。
ナゼか?これしかできないってのもあるが、ラベルの美しさでもうちょい勝負する
のだ。それに飽きたら、他の色々な技にもチャレンジしようとは思っているが。

でもケースに色々な素材をかぶせるってのはどうなんだろうか?
ムレてカユくなっちゃったりしないのだろうか。いやエフェクターの話ですよ。
その内実験してみたいところではあるなぁ。

あまり書くと『やっぱり変態だ』とか言われかねないのでサクサク進めることにする。

では塗装だ。ROSS Phaserの作成テーマは
『お嬢様のように爽やかでありながら女王様のように変態チック』なので
それにふさわしい色がいいなぁ。

・・・よし、決めた。ピンクにしよう。おピンクだ。
早速100円ショップでスプレーを買ってきて塗装する。
塗装に関しては以前の記事で紹介しているので興味のあるかたはご覧あれ。



ちょっと薄いピンクだったな。ショッキングピンクのようなドギツイ色の方が
よかったかもしれないが、まぁよい。

次はコイツにはりつけるラベルだ。今回は空間系エフェクターなので以前の
Landgraffの時に使用した『雷神様』ではなく、『風神様』にお出まし頂く。
例によって風神様の周りを余白が残ることなく気合でカットする。



以前の雷神様は酔っ払って作業したせいもあり、周囲の余白が若干残ってしまった
部分があったが、今回は大成功だ。



いい感じじゃない? 更にアップだ。



ここまでキレイにできるとtakerock的には大満足だ(笑)。
このケースをみてひとりニヤニヤしていたので家族は『とうとうイっちゃったか』
と思ったようだが。
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。