ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GuitarSynthを作ろう その4 ~まだまだ遭難中~

え~~~っと、何だっけ? あぁそうだ『GuitarSynth』だ。
う~む回路図と見比べているのだが一向に違いが見つからない。

このGuitarSynthは"4007"というICで信号を増幅した後に"4046"というICで音を
変えているようなので、4007の出口の音を確認してみた。
お!ちゃんと歪んだ音が鳴っている。
っつーことは4046周りに原因がありそうだな。

となると考えられる原因は2つ
その壱:"4046"のICが壊れている。
その弐:takerockの目がありえないぐらい節穴

できれば前者であって欲しいものだが、これまでの流れからすると後者の可能性が
かなり高いのが悲しいところだな・・・

よし、こんな時の対処法はただひとつ。

もっかいドタマを冷やす

これにつきますな。
そりゃ酔っ払ったアタマで色々考えようとする方がムリがあるってもんだ。
いっそのことバナナで釘が打てるぐらいまで冷やしまくった方がいいのかも
しれないぞこのボンクラは。

言ってて何故か悲しくなってきたので今日はこの辺で勘弁して下され。
スポンサーサイト

GuitarSynthを作ろう その3 ~ただ今遭難中~

ふと思った。
『ハンカチ祐ちゃん』みたいなニックネームってどうなんだろう。
彼はそんなニックネーム付けられてホントにうれしいんだろうか。
例えばオイラが、

『チ○カスtakeちゃん』

なんてニックネーム付けられたら確実に凹むぞ。
まぁ語呂が似ているだけでその内容には天と地ほどの差があるのだが。
あ、念の為言っておくがカスは溜まってないぞ(笑)。

さて、今日も『GuitarSynth』だ。
一度ブレッドボードで組んでみたのだが、どうも発振しまくり、というかノイズ
出まくりだ。

しょうがないのでもう一度ブレッドボードで組み直してみる。
ブレッドボードだとこんな時に簡単にやり直せるのでホント便利である。

では全部バラして組み直しっと。
ところでブレッドボードを使用して回路を組む時は回路図を見ながらやるのが
組みやすいのだが、このGuitarSynthは基板レイアウトしかない。
なので、これでもかというぐらい慎重に確認しながら作り直してみた。

さて、結果はいかがだろうか。

う~む一応音は鳴るのだがやっぱりノイズがひどい。
ただ、それぞれのつまみをいじくると一応音が変わるので回路的にはおそらく
あってるんじゃなかろうか。

もしこれで正解だとすると、到底使えたもんじゃないなこりゃ。
なんだか、シンセのような変な音は鳴っているのだが、その音に加えて『ピ~』
とか『ガ~』とかそんな音も同時に鳴っているのだ。

う~~~むどうしてくれよう。JAROに訴えてみようか(笑)。

GuitarSynthを作ろう その2 ~険しき道のり~

う~むここんとこ週末になると泥酔してブログが書けない事が多い。
そんなダメ人間ことtakerockでございます。

さて、今日も『GuitarSynth』について考えてみよう。
このGuitarSynth、PulseWaveとともに海外のサイトで公開されていたものだ。
これをみると"4007"と"4046"という聞きなれないICが使用されている。
回路自体は以前のPulseWave程ではないが非常に簡単だ。

コイツも楽勝で作れそうなのだが、いかんせんどんな音がするのか全くわからない。
よし、こんな時はブレッドボードで作ってみようじゃないか。

ブレッドボードで回路を組み、ギターをつないでみる。ん?

なんか発振しまくりなんですが。

う~む・・・回路は間違っていないようなのだが、つまみをいじくりまわしても
発振音が変わるだけだ(笑)。
なんだこりゃ。2時間ほど回路図を見直したりセッティングを変えたりしてみたが
一向に改善されない。

まいったなこりゃ。しょうがない、こんな時は・・・

アタマを冷やすに限る。

しょうがない。ちょっと時間を置いてブレッドボードからやり直すか・・・
コイツも先は長そうである。
果たして無事に完成できるのでしょうか。

GuitarSynthを作ろう その1 ~そういえば種明かし~

気が付けばだんだん秋の気配がすぐそこに・・・

そういえば今年も海に行ってないや。
秋葉原ならゲップが出るほど行ったのだが。
いかん、なんだか『人間失格』のような気がしてきた(笑)。

『人間失格』はチョト言い過ぎだな。『人生の落伍者』か。
この惨めな響きはどっちも大差ありませんな。

たまにはオペアンプ見つめて悦に入るのではなく、海でおねーちゃんを眺めながら
悦に入りたいもんです。

さて、『PulseWave』の製作を現在進めているのだが、あまりの忙しさに基板製作
の時間がない。う~む困った。PulseWaveに関しては大概のことは書きつくして
しまったので基板製作に入らないとネタが続かないのだ。

よし、こんな時は新しいエフェクターだ。いや~んこの浮気者(笑)。

実はPulseWaveと同時に作ろうと決めていたエフェクターがあるのだ。
『GuitarSynth』という。
名前から察するにギターの音をシンセのような音に変えてくれるのではないかと
推測している。

その点ではPulseWaveも同じようなモンだと思うのだが何が違うのだろうか。
GuitarSynthに関してはサンプル音源も存在しない為、どんな音がするのか全く
わからないのである。なんでそんなエフェクターを選んでしまったかというと、

ノリですよ。ノリ。

あぁ誰かこんなオイラを止めてくれ。

まぁ例えて言うならばCDのジャケ買いみたいなもんか。
全然知らないアーティストでもジャケットに惹かれて買っちゃった、みたいな。
ジャケ買いの場合、アルバム中に1曲でも良い曲が入っていれば合格だ。
同じく、このGuitarSynthもちょっとだけ使えそうな音が出てくれると嬉しい。

PulseWaveの時と同じく、このGuitarSynthも松美庵さんの掲示板にてゴリさん
が紹介してくれたものだ。ゴリさん面白いエフェクターを紹介してくれて
ありがとうございます~ m(_ _)m

もうちょっと詳細な説明は明日以降にしてくれよう。
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。