ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SmokyAmpを作ろう その14 ~そして伝説へ~

どこかに幸せの青い鳥はいないのでしょうか?
青いハンカチを持った汗臭い高校生ならいましたが。

こんばんはtakerockです。

さぁ!ついに『SmokyAmp』が完成しました。
思えば長い道のりであった。思い起こせばウン十年前・・・

悪ガキだったtakerockは15で不良と呼ばれ、ナイフみたいに尖っては触るもの
みな傷つけておりました。
それが今や公衆の面前で平然とチ○コの話ができるダメな大人です。
あぁどこで間違えたのでしょう。
え?誰も聞いてない? そうですか。そうですよね。

いいかげん前フリが長すぎたところで、コイツだ。



右側にスイッチ付きボリュームを付けてみた。ただ、このボリューム3時くらい
から一気に音量が上がる感じなのであまり使いやすいものではない。
そのうち改善したいポイントだ。
それと、生意気にもスイッチONすると真ん中のLEDが光る。

後ろ側はこうなっている。



一応2電源仕様なのだが、電池を入れるスペースが無かったのでランドセルのように
後ろに背負わしてある。ハイそこ失笑しなーい。

ちょっと厚みが増してしまったのだが、後ろに電池ケースがあるおかげで倒れにくい
構造になっているのだ。

音はどうだろう。takerock的には十分な歪みが得られている。
ギターケースに忍ばせておいてヒマな時には十分遊べる仕上がりだ。

サンプルサウンドでも公開したいところだが、マイクを使った録音環境を準備して
いないのでそのうち気が向いたら行おうと思う。
スポンサーサイト

SmokyAmpを作ろう その13 ~組み込みでスリー~

こんばんは。takerockです。

いつのまにやらカウンターの数字が大変なことになってます。
もう7,000Hitとは。インド人もびっくりです。10,000Hit到達したら何か記念企画
を行おうと思ってたんですが、まだなーんも考えてません。

そろそろ真面目に考えてみようか。
もし10,000Hitが女性の方だったら、白ブリーフ型帽子なんていかがでしょう。
少しリアルに黄色いシミ付きです。この冬流行の兆しが見える新アイテム
です。
これをかぶって歩けば、誰もがあなたを振り返るに違いありません。



















ちょっとかわいそうな人として。


さぁ、という訳で今日も『SmokyAmp』の作業を進めてまいりましょう。
え?昨日完成したはずじゃないかって?
言ってる意味がさっぱりわかりませんな。はっはっは。

・・・実は完成したと思っていたSmokyAmp。フタを閉めて鳴らしてみたらウンとも
スンともいわないでやんの。
エフェクターに続いてアンプまで音出し記録全戦全敗です。まさに最弱。
電源ON時に『プツッ』なんて音もしないので電源周辺がおかしいのかと思い、
テスターでチェックするがちゃんと9Vの電圧が来ている。

っつーことはスピーカーの配線がマズいのか?
そう思ってチェックするがちゃんと導通している。なんだこれは。
ここでしばし色んな想いがアタマを駆け巡る。

前から思ってたんだけど、神様ちょっとオイラに試練与えすぎじゃね?的な。
もちょっと優しくしてもバチあたんねーんじゃね?的な。

色々と考えるのだが、ひとつとして前向きな思考でないことに気付き中断。

もう一度各部をじっくり観察。・・・ん?

よく見るとスピーカーには配線がされているが、そこからコイルにつながる線が
外れている。なーんだそれかーそりゃ鳴る訳ねーよー
どうやらハンダ付けする時に外れてしまったらしい。

そこをもう一度ハンダ付けすると・・・

おぉ鳴りましたがな。SmokyAmpのサウンドが。やった~
ってな訳で明日こそレビュー・・・

SmokyAmpを作ろう その12 ~組み込みでツー~

国語辞典を開くと、『調教』とか『奴隷』等の言葉に何故か線が引いてある
takerockです。こんばんは。
ま、若気のいたりってことで。

さて、前回から進めている『SmokyAmp』の組み込みを進めてまいりましょう。

お次はケースに穴開けだ。
これはいつものアルミケースに比べてはるかに簡単な作業だ。
なんせプラッチック(←九州地方でのプラスチックの呼び名だ)だし。

あと『先生』は『しぇんしぇい』とかね。うん、関係ないね(笑)。

ただ、内部にケースをネジ止めする棒があるので位置決めは結構シビアだ。
ジャック等はできるだけ下の方に配置しないと安定感が悪くなるし。
という訳で適当かつ大胆に穴開けを行う。



ほ~ら、やっぱり少しズレている。
なんだかこのパターンが大阪名物パチパチパッチン並みにお約束となっている気が
しないでもないが。

この状態でジャックを取り付けてみたところ、明らかにプラグが干渉している。



なので干渉している部分をドリルで削ってなんとかプラグが差し込めるように
なった。こればっかりはツバつけて強引になんてできませんからな。
じっくり攻めてヒィヒィ言わせってこってす。

えーとなんだっけ?あ、そうそう。お次はボリュームやスピーカー等を次々に配線
していく。今回はスピーカーもショボいことだし、配線材には特にこだわらなかった。



そうして完成したのがこちらだ。



生意気にも小さなLEDなんぞ付けてみた。
明日はレビューでもお届けしようじゃないか。

SmokyAmpを作ろう その11 ~組み込みだワン~

今日は『文化の日』です。

文化の日とは・・・
かの昔、”石田純一”という高名な方が『不倫は文化だ』と発言したことが話題
となり彼を称える為に制定された祝日です。
しきたりとして今日は靴下を履いてはいけません。

こんばんは、takerockです。

今日は久しぶりの休日だったおかげでやっとSmokyAmpが進展いたしました。
おかげで家族からは非難ゴーゴーでしたが。
家族とのコミュニケーションの犠牲の上にこのブログは成り立っている訳です。
さぁなんだか一気にテンションが下がってまいりました(笑)。

さて、SmokyAmpだが、基板までは完成していたのでケースに組み込むこととする。
SmokyAmpといえば、本来はタバコの箱に入っているが故に『SmokyAmp』と呼ばれる
のだが、今回は以前100均で仕入れたスピーカーに組み込むこととする。
ルックス的にちょっとイケてない気がしないでもないが、そこらへんは次回作に
乞うご期待だ。

まずケースをバラす。



と、ここで早くも大変な事態が発生した。
スピーカーは100均スピーカーに付いていた『32Ω0.5W』ではなく
千石通商で仕入れた『8Ω1.5W』を使用する予定だった。
ところが・・・

入らねぇ・・・il||li _| ̄|○ il||li

奥行きがある為にスピーカーの裏に穴を開けないと収まらない感じだ。
これではあまりにもイケてない感バリバリだ。
よって今回は泣く泣く元々のスピーカーを使用することとする。
初手からつまづいてどうする。

ちなみに今回、ボリュームを付けるのだが、千石通商で仕入れたスイッチ付き
ボリュームはシャフトがやけに長く、このままだとみっともないので金ノコを
使ってシャフトを切り取った。



これは結構大変な作業だった。ボリュームが小さくて固定しにくいので金ノコで
切りにくいのだ。代わりにtakerockが何度もキレそうになりながらなんとか
シャフトを切り取った次第だ。

なんだか長くなってきそうなので以下次号で何卒ひとつ。

SmokyAmpを作ろう その10 ~基板でもいかが~

そういえば東京に住んでた4ヶ月。その間に遊びに行ったトコロ。
 ・友達の家
 ・お茶ノ水(楽器の街)
 ・秋葉原
以上。

自分でも人としてどうかと思います。えぇまったく。
ま、昔渋谷に何度か行ったが正直言って何が面白い街なのかよく分からん。

ええい、モノ作りオタ君への道を突き進むのだ!疑問を持っちゃいかん!

・・・いいのかそれで。

ところで福岡に戻ったはいいのだが、休む間もなく死ぬほど忙しいので全然作業が
進まん。正直参った。
SmokyAmpも完成させたいし、ElectricMistressも作りたいのだ。
仕事なんかしてる場合じゃないっつーの。

おかげで有用な情報はおろか、アフォ話のネタすら尽きそうなのである。
いや、尽きそうなのはブログに書いてもいいレベルの話なのだが。
聞きたい?書けないような話。でもね、それ書いちゃうと明日にはこのブログが
消滅しちゃってたりする恐れがあるのだよ(笑)。

まぁそんなことを言っていては話が進まないのでとりあえず小出しに記事を更新
しよう。あぁ大人って汚い(笑)。

SmokyAmpだが、以前の記事で発振しない回路が出来上がったのでソイツをもとに
基板を作ってみた。



実は回路図を書いた後に電源ラインに10uFのケミコンを追加した。
基板はユニバーサル基板で9穴×9穴に納めたので結構小さい。
小さいが硬さは負けないぜ、なんてどうでもいいですね。ハイ。

ところでこの写真、何か違和感を覚えないかい?
そう思ったアナタ、するどい(笑)。
実はグランドの線を付けるのを忘れていた。そりゃ音が出るわけないっつーの。

今度はコイツをケースに収めよう。ようやく完成が見えてきましたな。
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。