ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★1万Hit記念コラボ企画★ Landgraff付きAmpを作ろう その20

こんばんは。takerockです。
今日は近くて遠い国に来ております。

それは、ザ・嫁の実家
それはいつでも行けるようでなかなか行けない場所。
ドラクエのラスボスよりも難攻不落なんであります。

通常、ビザは発行されないんでありますが、唯一ビザになり得るものがただ一つ
あります。それは・・・


子 供。

子供ができると途端に国交回復?的な感じで(笑)。
ま、実際はすごくいい人たちなんでありますが。

さて、『エロエロアンプ』だ。
長かった・・・ いやホント長かった・・・

そんな感じで遂に完成でございまする。



ラベルが一部剥げているのはご愛嬌だ(笑)。

ケースはいつかやり直してやるつもりなのだ。今のところ。
つまみは4つ。上から、

ボリューム兼ON/OFFスイッチ、トーン、歪み、BIASとなっている。
今回はスイッチ付きのボリュームがBしかなかったので音量調節が結構シビアだ。
ボリュームとトーンは歪みがOFFでも効く。
バンパーさんが回路を考えてくれたおかげで達成できたシロモノな訳だ。

BIASは松美庵さんのアイデアで歪みの深さを調節できる改造だ。

他のアングルはこうなる。







上のスイッチは、歪みのON/OFFとクリッパ切り替えだ。
歪みをOFFにすると完全なクリーントーンとなる。歪みのON/OFF時の音量差がデカい
のが難点だが、これはこれで一定の成果を挙げたんじゃなかろうか。
コイツはどこへでも持っていきたい一品に仕上がった。

コイツのサンプルサウンドを公開したいところなのでいずれ録音環境を揃えて
公開しようじゃないか。

ただし、来年な。
スポンサーサイト

★1万Hit記念コラボ企画★ Landgraff付きAmpを作ろう その19

さぁいよいよ年の瀬も押し迫ってまいりました。
takerockさん、今頃年賀状買いに行ったらどこも売り切れで大変苦労しました。
il||li _| ̄|○ il||li

郵便局をいくつもまわり、どこも『売り切れです』の冷たい一言にあしらわれ、
途中によったコンビニで見つけてしまうという有様。
最初からコンビニ探し回ればよかった。

ちなみにウチの年賀状、毎年趣向を凝らして作るのが周囲にたいそう好評なんで
ある。みんな、『来年はどんなのにするの~?』なんて言いやがるもんだから
実は結構プレッシャーだったりします(笑)。

さて、『エロエロアンプ』だ。いい加減完成させないと年越しちゃうじゃないか。
では最後の大詰め、ケースへの組み込みに入ろう。
ケースは予めクリアを吹き付けてある。

まずは、予め作っておいた網をセットする。



とりあえず、ボンドで固定してある。写真は乾くまでの間の『重石』として電池を
のっけてある。

実はこの網とスピーカーをどうやって固定しようか少し悩んだ。
一番いいのはネジで固定することなのだが、今回使用するスピーカー、ネジで固定
できるような穴が開いていない。押さえのプレートをかませて固定しようかとも
思ったのだが、結局グルーガンで固定することにした。
こんな感じだ。



分かりづらいが、黒のホットボンドでスピーカーの周囲をびっしり埋めた。
今のところ大丈夫なようだ。もしこれでスピーカーが外れるようなら、その時は
表からねじで固定することにしよう。

さぁ、いよいよ完成へ近づいてまいりました!
目指せ年内完成! ←ちっさい目標

★1万Hit記念コラボ企画★ Landgraff付きAmpを作ろう その18

♪夕べ父ちゃんと寝た時に~変なところにイモがある~
  父ちゃんこのイモ何のイモ♪

こんばんは。takerockです。
できれば『母ちゃんバージョン』もお披露目したいところだが、倫理上
NGなのが容易に想像できてしまうのが悲しいところだ。

さて、今日も『エロエロアンプ』だ。
今日はこれまでのヒミツを一挙に暴露的な感じなのだ。

最終的にはこんな感じのケースにする。



takerockの愛用タバコ、『LARK SuperLight』だ。
横にホンモノのタバコを並べるとケースがいかにデカいか分かりますな。

このラベルはどうやって準備したか?答えは単純だ。
タバコのケースをバラしてスキャナで取り込んだのだ。



これを部分毎に切り出してラベルにする。
ただ、今回はラベルの範囲が大きかった為、気泡は入るわ、修正しようとして
破ってしまうわで大変だった。

ラベルを作成する場合はできるだけ小さなパーツに分解してラベル貼りを行う方が
失敗が少なくていいかもしれない。

今回は少々汚くなってしまったがこのまま進むことにする。

★1万Hit記念コラボ企画★ Landgraff付きAmpを作ろう その17

こんばんは。takerockです。

オイラのライブを見てギター購入を決意した友人が今度はエフェクター製作に
興味を持ち始めた。
自分でも作ってみたいとのことなので今日パーツを注文したところなのである。

そのうち、彼の嫁さんから『あの子と遊んじゃいけません!』なんて
言われるんじゃなかろうか。 ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

でもいーんです。それが男のマロンな訳ですよ。女子供にゃ理解できる訳
なんぞないのです。
男のマロンを追いかけて、盛大に栗の花を咲かせましょうぞ。
それが漢(おとこ)ってもんです。

さて、今日も『エロエロアンプ』だ。
昨日の記事でスピーカーを保護する為の網を準備した。
これをどうするか? こうする。



わかりにくいかな~
スピーカーの穴にあわせて盛り上げてある。これを裏側から固定することにより
網とケースの高さを合わせるのだ。(ツライチという)

お次は恒例のケース塗装だ。今回は故あって『白』で塗装する。



何故かって? その訳はおいおい分かりますがな。もしかして想像ついちゃった方。
そこはひとつ黙って見守ってやるのが大人ってもんです。

スピーカーの保護網も同様に白で塗装する。



さぁ、これで次のステップに向けての準備が整いました。
いったい何処へ向かっていくのでしょうか。乞うご期待~

★1万Hit記念コラボ企画★ Landgraff付きAmpを作ろう その16

き~よ~し~ や~す~し~ 怒るでしかし!

・・・あまりのサブさに名前を名乗ることすらはばかられます。
こんばんは。 え~と、た、takerockです。

やっぱりサンタさんは来ませんでした。
来年こそはミニスカのサンタを! なにとぞひとつ!

さて、今日も『エロエロアンプ』だ。
気が付けばもう16回目を迎えてまだ完成に至っておりません。
そろそろ皆様から飽きられてしまう気もしないではないが、そこはまぁオイラの
愛嬌に免じて・・・ え?ムリ? やっぱり?

さて、ケース加工の続きだ。スピーカー用のでっかい穴を開ける必要があるのだが、
その為にホールソーを買ってきた。コイツででっかい穴を開けてやろうじゃないか。



こりゃいいね。自分で小さな穴から広げたりした場合はこんなキレイな円形にする
のはかなり難しいだろう。それが一発ですよ。
勢い余ってケースを持つtakerockの手にもでっかい穴が開きそうになってしまったが。

ただ、もう少し穴が大きい方がいいのでここからは自分で削って広げることにする。
60番の紙やすりでひたすら削る、削る、削る・・・
なんてストレスの溜まる作業。

結構がんばったのだが、あまり穴は大きくならなかった。



まぁここまで広がればOKだろう。
ただ、このままではスピーカーがむき出しになってしまう。なんとかせねば。
そう思って100円ショップでいいブツを見つけてきた。



この網を利用する。網といえば網タイツですよ。いいですなぁ。うっとり・・・
太った方の場合、それはそれでボ○レスハムのようでおいしそうだし。
関係ないですな。えぇまったく。

コイツをニッパーで切って網を取る。



さぁコイツで一花咲かせてやりますぜ~
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。