ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8412をバラそう

連想ゲームです。

桜・・・花見でとりあえず酒

春・・・暖かくなってきたのでとりあえず酒

卒業式・・・めでたいのでとりあえず酒

こんばんは。人として末期のtakerockです。

どんだけ間が開いてんだって話ですが、まぁそれは明後日の方向に置いといて。
まやさんと飲んだ話も書かずじまいなんですが、おっさん2人が酔っ払った話なんぞ
書いても誰も喜ばない訳で(笑)。

更新をサボっている間に実はネタがかなり溜まってきたのでちょっと頻度を上げて
更新しようと思います。溜まりすぎて夢精する前に。

そんな訳で今日は配線材として名高いBeldenの『8412』をバラしてみましょう。



Beldenの8412といえばマイクケーブルとしてかなり有名な訳ですよ。
これをギターやベースのシールドとして使うことも非常に多いんですな。
更にこの8412、バラして内部の配線をギターやエフェクターの内部配線に使うことも
多い訳ですよ。そのくらい質のいい配線だってこってす。

takerockさん、これまでエフェクターとギターの配線材にはWEの単線(22AWG)を
使ってたんですが、単線は扱いづらいので8412を試してみることにしました。



カッターで表面のゴム皮膜に切れ目を入れます。
内部に網線シールドがあるので、その部分に刃が達したらそれ以上力を入れない
ように。



この網線、このまま流用したいなぁ・・・
ギターの内部配線で使う場合、ノイズ対策として周囲をシールドしてあげる必要が
あるんですが、なかなか良い網線がないんですわコレ。

後はこの網線シールドをほぐせば、内部にある2本の配線材が取り出せるって訳です。
ちなみにこの網線シールドをほぐす作業が一番メンドクサイ。



後はこの配線材を好きなところに使っちゃって~
スポンサーサイト

そろそろエフェクター作りたいなぁ

やっべー どんだけ更新サボってんだオイラ。
気合入れろー 元気だせー ←股間に向かって

こんばんは。takerockです。近頃すっかりダメな子になってしまいました。

そういえば随分とエフェクターを作っていないことに気付きまして。
巷じゃすっかり過去の人になってしまったんじゃなかろうか、なんて思ったりして。
それはもうフラれ気分でRock'nRollの如く。
完全無欠のロックンローラーでも可。

近頃世間様じゃぁCENTAUR(ケンタウルスと読む)の回路図が出回り始めちゃって
あちらこちらで色んな議論が行われてたりしてね。なんかすっかり乗り遅れた感
漂う今日この頃な訳ですよ。

ケンタ君もいいが、最近のtakerockさんはちょっと気になってることがあります。
それは、以前作った合体エフェクターさん

このエフェクター、中身はLandgraffのDynamicOverdriveとMO-D Distortionなんで
あります。
DODの方はいいんですが、ソロ用のブーストチャンネルで使ってるMO-D Distortion
の方がかなりブーミーなんですな。

最初の頃はコレもアリかな~なんて使ってたんですが、最近この太すぎる音が気に
なってきちゃいましてね。やっぱ太さより硬さな訳ですよ。←言い訳くさい

フロントピックアップにして低音弦弾いた日にゃとんでもない暴れん坊将軍になって
しまうんですな。

そこでコイツを別のエフェクターに変えてしまおうかと画策しておりまして。
今ちょっと気になってるのがBOSSのOD-1と並び名機と称されるDS-1。
リハビリも兼ねて簡単な歪み系エフェクターを作っちまおうかと。

ま、そんな感じでゆるりと進めていきましょうか。

製作構想 夏の陣

こんばんは。takerockです。
いや~ 毎日毎日ハードワークなエブリデイな訳です。←誰だテメーは。

takerockさん、そんな時は応援ソングとして名高いこの歌を歌って自分を元気付ける
ことにしています。











♪ある日金太が歩いていると 美しいお姫様が逃げてきた
  悪い人に ネェ 追われているの お願い 金太 守って
   金太 守って 金太守って キンタマモッテ

 しかし金太はケンカが弱く 友達とやっても 負けてしまう
  腕力に自信のない金太君 ケンカはいつも 負けが多い
   金太負けが多い 金太負けが多い キンタマケガオオイ♪












あ、放送禁止ですかそうですか。

さて、アホなこと書いてないで本題に入りましょう。
実は最近全くエフェクターを作っていない訳です。あ、知ってるって?
下ネタやアホな話ならとめどなく溢れ出てくるtakerockさんですが、エフェクター
の話題だけは元ネタがないと書けない訳ですよ。

そんでちょろっと製作構想をしようかと。今更なんですがね。
とはいえ、ライブで必要となるエフェクターはあらかた作りたおしてしまった今、
差し迫ったものがない訳です。
DM-2も作りたいんですが、他の方の自作記を見るとDM-2の売りである『発振』が
イマイチな様子。う~ん考えちゃいますな。

と、ここで作業机の上にある基板たちが目に留まった。
そういえば、以前作った変態PulseWaveやExciter、OrangeSqueezerなどは基板
だけ作ってそのままほったらかしでありました。

よし、コイツらに立派なケースを準備してあげよう。
マサイ族のチ○コケース並みに立派なものを。うんそうしよう。

ケースをデザインしよう その5

6月になってもこの更新頻度だったら五月病って言い訳できねーな・・・

こんばんは。takerockです。
最近ラクすることを覚えてしまったようです。

さて、TOMOさんに進呈したエフェクターケースです。
無事に届いたようなので思い切って公開しちゃいましょう。




























わ、笑わないで~

いや~横向きケースのデザインっつーのは初めてだったもんでなかなか苦労しました。
悩んだあまり、使い慣れた素材に落ち着いた訳なんですがね。
風神様、雷神様っつーのは緑色のケースによく合うのでいい感じに仕上がりました。

フラッシュをたいて撮影したのでラベルとケースの色が結構違うように見えるっしょ?
実際はもう少し目立ちません。 ←すげー言い訳

最近はケースのデザインにタトゥーシールではなくラベルシールを使用している
takerockさんですが、こっちの方が失敗が少ないですな。
ラベルの色とケースの色さえ合わせられれば、こちらの方がキレイにできそうです。



横向きケースといえばやはり『FUZZ FACTORY』な訳ですよ。
このケースでイカしたFUZZ FACTORYを作って頂ければtakerockさん幸せです。
娘を嫁に出す父親の気持ちはこんなんでしょうか。 ←飛躍しすぎ

ケースをデザインしよう その4

こんばんは。ネタがないどころか最近エロネタまでなかったことに気付いた
takerockです。うぉっ終わっとる!

さぁ今日もエフェクターケースのデザインをさくさく進めていきましょう。
前回はラベルのデザインまで完了した。
果たしてラベルの色合いはケースと合っているのでしょうか。

ドキドキしながらラベルを出力し、貼り合わせてみる。

う゛っ

やっぱ若干色合いが違う。

以前のよりは大分マシなのだが、それでも若干の違いがある。恐るべしラベル道。
奥が深いっすわ~ホント。

ラベルを貼った後、上からクリアを吹く。これもやはり薄く回数を多くやります。
ちなみにオイラのはかなり濃いです。しかも黄ばんでます
・・・何の話をしてるんだ。

そうこうしてクリアが乾燥した後、コンパウンドで表面を整える。
よっしゃ、これでキレイになった。

そんな感じがコチラ。

































はっはっは、そんな簡単に公開する訳ないじゃありませんか。
サプライズとしてTOMOさんが受け取った後に公開することにします。
皆様しばしお待ちを。
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。