ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフェクターボードを作ろう その2

そうか・・・もう薄着の季節は終わっちゃのか・・・(遠い目)

あ、すいません。軽くもの想いにふけっておりまして。←下心満載

こんばんは。takerockです。

さて、エフェクターボードですよ。
まずは100均やらホームセンターやらをまわって必要なものを入手します。
100均で物色して、ないものをホームセンターでという安くあげよう大作戦。

ひと通り材料を入手したので制作にとりかかります。

DSC_0387_R.jpg

100均で入手した板。
少し薄めかなとも思いましたが割れたらまた作りゃいいやぐらいのノリで。

DSC_0393_R.jpg

エフェクターボードをステージで自己主張させてもしょうがないので、スプレーで黒く塗装します。
この辺はエフェクターの塗装で慣れたモンです。

DSC_0394_R.jpg

これに取っ手をつけました。
わかりにくいのでもう1枚。

DSC_0395_R.jpg

この取っ手があるのとないのとではセッティングの手間が段違い。
エフェクターボード製作をお考えのそこの貴方、取っ手は絶対付けるべきです。

DSC_0396_R.jpg

そして、背面には滑り止めのシールを貼り付けます。
ステージでエフェクター踏んだ瞬間にズルってなるのもカッコ悪いですもんねぇ。

さて、こんな感じで土台となる部分ができました。
といっても、
・板買ってきて、
・カットして、
・塗装して、
・取っ手つけただけ。

わざわざ記事にするほどのことかって気がしたりしなかったり(笑)。
ってな訳でまた次回!
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

エフェクターボードを作ろう その1

先月末のイシバシバンドコンテストWinnersLive以来、毎週ライブを演っているtakerockです。こんばんは。

楽しいんだけど、さすがに疲れが抜けにくくなっているのはきっと気のせいです。
うん気のせい気のせい。
左肩が後ろに回らなくなってるのもきっと気のせい気のせい。

さて、それはさておき、話は9月末にさかのぼります。
9/29に東京は渋谷でライブを行う予定のtakerockさん、翌9/30は博多でライブが予定されておりまして。
っつーことは機材を宅急便で送って楽ち~ん♪って手法が使えない訳ですよ。
ギターを抱え、かつエフェクターケースまでヘッコラ抱えて持っていくことを想像したら・・・

いかん、渋谷に辿り着く前に心が折れる。

きっと品川か浜松町辺りで帰りたくなる(笑)。

なので、少しでも負担を減らす方法がないかを考えておりまして。

ポク、ポク、ポク、ポク、チ~ン。閃きました。

エフェクターはスーツケースに入れよう。

その為にはサイズをできるだけ小さくしなけりゃならない訳で。

ニャンコ先生google先生に聞いた結果、色々な方々がエフェクターボードを自作していらっしゃる。
ではこれらのアイデアをパクり拝借しながらtakerockによるtakerockの為のエフェクターボードを作ろうじゃありませんか。

takerockさんの希望するエフェクターボードはこんな感じ。

・サイズはエフェクターが無理なく収まる範囲でできるだけ小さく
・ステージでのセッティングを考えて持ち運びが簡単に
・マジックテープでの固定だと外れる可能性があるのでもっと強固に固定
・踏んだ時にズレないように

さて、ではこんなオイラにとって理想のエフェクターボードを作っていきましょう。

では次回!

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。