ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフェクターの新しいカタチ その六 ~その名は音下駄~

さて、今日も『エフェクター靴内蔵化計画』について検討を進めていこう。
いい加減引っ張りすぎだという声も聞こえてきそうだが、本人は大真面目に
考えているのでしょうがない。
ぶっちゃけ言うと引っ込みがつかなくなった部分もあるのだが(笑)。

昨日の記事の続きで下駄の中央部分にケース化したエフェクターを取り付ける
方向で検討したい。

上図の『メインスイッチ』について解説しよう。
通常だと、エフェクターに使用するジャックはモノラルジャックを使用する。
ただし、Inputジャック部分はステレオジャックを使用するのがセオリーだ。
なぜInputジャックにステレオジャックを使用するかというと、この部分にシールド
を差し込んだ時だけ電流が流れるようにする為だ。
こうしないと使わない時も電流が流れ続けることとなり、電池はすぐになくなって
しまう。

しかし、上図の場合だとInput/Outputジャックをステレオジャックで共用化している
関係上、上記の仕組みが利用できない。
よってメインスイッチを追加することにより、メインスイッチがONの時だけ
エフェクターに電流が流れるようにする。

Input/Outputジャックは例によってステレオジャックを使用し、ジャックひとつで
済むようにする。

と、ここで、Stomper!!のケイズさんからまたまたナイスなアドバイスを頂いた。
ケイズさん、こんなおバカな企画にお付き合い頂いてありがとうございます(笑)。

そのアドバイスとは、
『下駄専用センドリターンボックスを作り、
そこからステレオシールドで出すのはどうか?』

というものだ。

ステレオジャックにする計画はtakerockも考えていたのだが、ボックス化
については考えもしなかった。
確かに、それぞれのパーツをボックス化しておけば様々な応用がきくな。
よし、では上図のそれぞれの部品はボックス化するということで。

よしだいぶ実現の目処がたってきたぞ。
しかし、まだ問題は残っている。
靴や下駄にエフェクターを内蔵した場合、足からシールドが出ることになる。
これはステージングの邪魔になりはしないか?
もしくは、踏まれることも多くなる為、断線の危険性が高いのではないか?

う~~~む・・・悩む。

こんなのはどうだろうか?


下駄から出たシールドを足に固定用ベルト(サポーター等でよい)で固定するのだ。
ライブでズボンをはく方はそのままズボンの中に通してもよいと思う。
そうして腰あたりまでシールドを引き上げた後、ギター側とアンプ側に分岐させる。
こうすれば踏んづけてしまう可能性は抑えられるのではないか。

よし、これでだいたい検討は終わりだ。
そうだ、コイツに名前をつけてあげよう。下駄といえば日本が誇る至高の履物で
ある為、名前もやはり日本語にすべきだろう。
『音下駄(おとげた)』 なんていかがだろうか。

さて、冗談半分で始めた企画なのだが、ここまでくると実際に作らなきゃいけない
ような雰囲気になってきた(笑)。
引越しが落ち着いたら是非作ってみようと思う。

完成したら公開するので是非みんな笑ってくだされ。
スポンサーサイト

エフェクターの新しいカタチ その五 ~まだまだ続くよどこまでも~

さて、ここんとこ連日続いております『エフェクター靴内蔵化計画』だが、
takerockの予想以上の反響である。
てっきり、
『アイツまたアホなこと書いてるよ(苦笑)』
ぐらいだと思っていたのだが、なかなかどうして(笑)
よい反応をしてくれるのがうれしい限りだ。

さて、昨日の素人工作員さんもそうだが、Stomper!!のケイズさんからは
『ソール部分を外せるようにするはどうか?』
という意見を頂いた。

もうケイズさんったら・・・ ナイスすぎ(笑)
今の若い人は知らないかもしれんが(こう書くとオッサンみたいだな)、
その昔、台車のようになったローラースケートがあり、
『普通の靴があっというまにローラースケートに早変わり!』
なんてシロモノが存在したのだ。

ちなみにtakerockはアタマの悪いお子様だったので、どう考えてもローラー
スケートで滑るのはムリだろって場所にチャレンジして見事に骨折した過去を持つ。
この台車のようなイメージでどんな靴にでも取り付けられる『Stomp Sole』は
実現可能だろうか。

別に光ゲンジではないのでローラースケートは必要ない。
だが、このソール部分をどうやって作ろうか。
ラバーソールのソール部分を切り取って他の靴に取り付けられるように加工する
のがよいだろうか。
この場合、エフェクターの内蔵はよいとして、他の靴へ取り付けられるようにする
加工が大変だろうな。
う~~む 大変そうなのでまずは昨日の続きである下駄の方をもう少し掘り下げる
ことにしよう。

下駄に内蔵する案は昨日の記事でおおまかに考えた。
更に今日昼間に仕事をしながら(オイ)更に考えた。

基板・電池・Input/Outputジャック部分をひとつのケースの中に収めれば
衝撃からの保護にもなるし、取替えも容易に行える。
つま先につけたON/OFFスイッチとの接続はコネクタを作ってつなげるようにしよう。

このメリットは、同じケースを使えばエフェクターの交換が簡単に行えるという
ところにある。
当然だが、下駄は両足に履くので左右で2つのエフェクターの内蔵できることになる。
その日の曲によって、今日はオーバードライブとブースターとか、
今日はバラードを演るのでコンプとディレイ、なんてことが実現できるのだ。

こんな感じだ。


この内容を詳細に解説したいところだが、長くなってしまったので続きは明日に
することとしよう。

(つーかこの話題でここまで引っ張っていいんだろうか?)

エフェクターの新しいカタチ その四 ~再考の余地アリ~

う゛~カゼひいちまいました。
鼻が詰まって頭がボ~っとしてるのでいつも以上に突拍子も無いことを
書いてしまうかもしれんが、そこは生温かい目で見守って欲しいところである。

さて、『Stomp Sole』だが、アホな思いつきの割に意外とみなさんに食いついて
頂いた。なかなか興味のある話題なのだろうか。やはり特許を出願するべきか(笑)

そんな中、面白い提案を頂いた。
まずは素人工作員さんより、
『下駄ではどうか?』と。

なるほど。下駄ならば硬いので上手く収めれば基板が壊れる可能性がぐっと
抑えられる。さすが素人工作員さんだ。

下駄といえば、


こんなヤツだが、下駄の下側には上手い具合に基板などが収められそうな空間が
ある。横から見ると、

このピンクの部分に基板、電池、ジャックを納めることにしよう。
スイッチはやはりつま先部分に取り付けたいところだな。

最終的にこんな感じでどうだろうか。


これでステージ上でカランコロンいわせながら歌い、弾きまくる訳だ。
これはこれでアリだな。

試しに作ってみようかな(笑)

エフェクターの新しいカタチ その参 ~バカ者どもが夢の跡~

昨日初めて映画版『電車男』を見た。(今更ジローだが)
電車男の話はネットで話題になってた頃に見ていたんだが、やっぱイイ話だよなぁ。
映画版はホントのストーリーと若干異なる部分もあるのだが、それでもイイ話で
あることに変わりはない。
takerockは家族から『モノ作りオタ君』と蔑まれているので、どうしても主人公
である電車男に感情移入してしまう。

もっともtakerockは電車などで絡まれたことがないのでエルメスのような
おねーちゃんと出会える可能性など皆無なのが悲しいところだが。
(正確に言うと絡んできそうな相手はtakerockの風貌を見て何事もなかったかの
 ように通り過ぎていく(笑) こんな好青年なのにな)

さて、昨日まで盛り上がった挙句に、他に簡単な方法がいくらでもあることが
判明してtakerockの猿知恵ぶりを露呈してしまった『エフェクター靴内蔵化計画』
だが、靴に内蔵するよりもエフェクターをストラップにくくりつける方が簡単だ
という結論に達してしまった。

では今日はストラップにエフェクターをくくりつけて使用する場合について考えて
みようじゃないか。おぉなんとポジティブシンキング。

イメージ的にはワイヤレスを使用する時のトランスミッター的な取り付け方を
想像してみて欲しい。
背中の腰辺りの位置でストラップに固定する感じだな。

当然だが、動き回るのでACアダプターは付けられない。
よって電池駆動オンリーとする。この方がケースも小さくできるしな。

ケースは小さければ小さいほど良いが、トランスミッターと同程度の大きさであれば
タカチの"TD-7-10-3"ぐらいがベストだろう。
このサイズであれば大抵の歪みモノは作れると思う。
待てよ?ノイズ対策をきちんと内部で行うようにして、プラスチックケースを
使った方が軽量化できそうだな。

次にLEDだ。電池駆動なので電池の具合を確認するのにLEDはあった方がいいの
だが、今回エフェクターは背中にあるので通常のLEDの位置だと見えない。
これは見やすい位置を検討することとしよう。

今度はスイッチだ。通常は足元に置いて、踏んづけてON/OFFするものだが、今回は
背中(つーか腰)にある。トグルスイッチでON/OFFすることにしよう。
こんなヤツだな。


こうしておけば後ろに手をまわしてパチンとやればON/OFFが行えるだろう。
専門的な話をするとLEDが必要なので3PDTのトグルスイッチが必要だな。

こうして作ったエフェクターをストラップにガムテープででも貼り付ければ完成だ。
おぉこれで足元がすっきりするではないか。

昨日の『Stomp Sole』よかよっぽど現実的だな(笑)。

どうするランディ?

エフェクターの新しいカタチ その弐 ~その名はStomp Sole~

さて、昨日の続きである。

『エフェクター靴内蔵化計画』。
さて、どうやって実現しようか。
靴に仕込むんならやっぱり靴底しか考えられないだろう。
となると、スイッチや基板やらを組み込む為には靴底に厚みがなければならない。
おぉ、ロッカーの必須アイテムともいえる『ラバーソール』がピッタリじゃないか。

こんなヤツだな。

ではラバーソールにどうやってエフェクターを内蔵するか考えてみる。
まずはエフェクターをパーツごとに分けよう。
・回路
・Input/Outputジャック
・スイッチ
・つまみ
・電池

まずは回路だ。これは衝撃に耐えられるよう、硬くて薄いケースに入れた後、
靴底をくりぬいて差し込むようにしよう。

次にInput/Outputジャックだ。
通常エフェクターにはInputとOutputの2つのジャックが必要だ。
(当たり前か)
ただ、いかにラバーソールといえど2つのジャックを取り付けるのはスペース的
に厳しい。
おぉそうだ、ステレオジャックにしてInputとOutputのジャックを共通化しよう。
そうすればジャックはひとつで済む。
ステレオジャックからInput/Outputに分岐させるシールドを後で作ってやればよい。

次に電池だ。
これはそのままラバーソールをくりぬいて差し込めばいいな。

次はつまみだ。う~むこれは悩むな。
よし、ラバーソールに可変抵抗を埋め込み、足の外側につまみがくるように配置
しよう。靴なのにつまみがついてると目立つことうけあいだしな。

よし調子に乗ってきた。
次はInput/Outputジャックだ。これはジャックからケーブルが出てくるので
かかと部分に取り付けよう。

最後にスイッチだ。う~~んこれはどうしようか。
最初は足の裏と考えたが、それだと歩くたびにエフェクトがOn/Offされてしまう。
簡単にOn/Offできる位置を検討した結果、つま先に埋め込むことにした。
そうすればつま先で床を蹴っ飛ばせばエフェクターがOn/Offできる。

さて、以上の結果、こんなんなりました。


問題は、常に体重がかかっているのでそれに耐えられるケースに入れておかないと
一発で壊れてしまうだろう。
それでいて薄いものでないと靴底に収まらない。
うむ。この計画のキモはこのケースだな。

配線についてはラバーソールは大概ソール部分が黒いので黒い線材を使用すれば
靴の表面に這わせても目立たないだろう。

おぉ~ドクター中松もびっくりのすばらしい発明品になりそうだ。
よし、ではこの靴に名前をつけようじゃないか。
何がいいだろう。
『Stomp Sole(ストンプソール)』
なんていかがだろうか。

では早速特許を出願することとしよう。
世界中のエフェクターメーカーがこぞって採用して、来年の今頃は特許料で
ハーレムが作れてるかもな。ムフフ。

と、ここまで考え抜いて、根本的なことに気付いてしまった。
ストラップにエフェクターくくりつけた方が
楽なんじゃねーか?


ぎゃふん。

・・・猿知恵というのはこんなことを言うのだろうか。ねぇママン?
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。