ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既に作っちまったエフェクターその2 ~咆哮~

さて、takerockは今広島に来ている。
ここ最近オイラは足しげく広島に来ている。
あるカワイ子ちゃん(死語とかいうな)を調教しに来ているのだ。
何もしらないウブな子猫ちゃんを色んな道具で責めたりしながら
ご主人様の言う事を何でも聞く忠実な奴隷にすべく奮闘してるのだ。

そうんなこと書いてると聞こえはいいが(←いいのか?)
実際はただのシステム構築な訳だが。(笑)

さて、自作第2弾は『咆哮』、コイツはブースターだ。
ギターソロなんかで音をでっかくして目立ちたい時に使うものだ。

これは『誰でも作れるギターエフェクター』という本にのっていた"BM Booster"だ。


BMとはかの有名なブライアン・メイのことだが、彼は"Treble Booster"という
ブースターを使っており、そのブースターを参考にし、ブーストするレンジ
をトグルスイッチで3ポジション選択できる、というスグレモノだ。

最初に比較的難易度の高いディレイを作った後に初心者向きとされるブースター
を作る辺りがセオリー無視、計画性まるで無し、というオイラの性格を如実に
表していて実に感慨深い。
コイツはユニバーサル基板で作った。
本では海外のトランジスタを使うように設計されている。
海外のトランジスタと日本のトランジスタは足の配線が異なるのだが、
いろんなトランジスタを試してみたかったのでどちらでも使えるように
改造を施してある。
ユニバーサル基板ってのはいきなり基板製作に入れるところから敷居は低い
ように見えるのだが、パーツ間の配線を行ないながらの作業になるので、
パーツ1つハンダ付けする毎に回路図や実態配線図と見比べながら進めていった
ので非常に疲れた。
感光基板の場合は回路パターンを作る時にさえしっかりチェックしておけば
あとはハンダの盛りすぎ以外で配線ミスする可能性は低いので気が楽だ。

コイツも塗装を気合入れてやった。
塗装は下地(プライマー)→ベースホワイト→塗装色→クリア
を各工程数回ずつ行なうのだが、ホコリや家族の機嫌等色んなものに気を使い
ながら行なわないと良い結果が得られない。
この辺りもおいおい紹介していこう。


コイツは基板が小さくできたのでケースも小さめのものにしてみた。
(タカチTD7-10-3)
ところが実際にケースに穴あけをする時に大変なことに気付いた。
なんと作ろうとしているデザインだと、フットスイッチの位置が下すぎて
電池が入らないのである。
迷った末にtakerockが下した結論は・・・『電池いらない』
オイラは全てのエフェクターをパワーサプライにつないでいるので
電池を使うことはまずない。よって電池なんざポポイのポイだ。
機能性よりも見栄えを優先するなんてオイラのステージそのものやんけなどと
思いながら作り上げてしまった。

音だが、トグルスイッチでブーストしたいレンジ(TREBLE,MID,BASS)を選択できる
ので使い勝手はよいと思う。
takerockは中域が強調された芯のある音が好きなのでもっぱらMIDポジションで
使っている。
ただ、トランジスタ一石の回路のせいか、イマイチソロを弾いてる時に気持ちよい
サスティーンが得られない。
takerockの求めるブースターは
『音量アップ、サスティーンアップでテクニックの無さをごまかし放題』
などというギタリストとして、人としてどうかというモノを求めているので
コイツはちょっと違ったかもしれない。
ただ、使えるブースターではあると思うので作って損はないと思う。

次回は第3弾『爆裂』を紹介予定だ。
スポンサーサイト
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。