ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FatBoostを作ろう その2 ~お次はケース~

最近、三線(サンシン)が欲しいと思う今日この頃。
宮沢和史ではなく、嘉納昌吉のように弾きたおしたい。

さて、基板の完成したFat Boostだが、当然このままでは使いにくくて
しょうがない。
ケースに入れてエフェクターらしくしてみようじゃないか。なぁ兄弟。

ってな訳で今日はケース加工だ。
今回は一般的なMXRサイズのケースに収めることにしよう。
Garrettaudioさんで購入した"Size A"のケースだ。



このままでは何処に穴を開けていいやら、って感じなので、まずは穴を開ける
位置を決めよう。
今回必要となるつまみは『Gain』、『Level』、『Tone』の3つだ。
それに加えてフットスイッチ、ACジャック、Input/Outputジャック、LEDだ。
結構多いな。
それぞれがバランスの良い位置に来るようにつまみやスイッチ、ジャック等を
置いて大まかな位置を決める。
ちなみにフットスイッチは下の端から"3.2mm"の位置にすると電池
の収まりがよい。
それぞれの位置を計算し、鉛筆でケースに線を引いていく。


横に置いているのがセンターポンチだ。
穴を開けたい位置にコイツをあてがって金づちでポコンとやると、小さな跡が
つく。そこにドリルをあてることでドリルの刃がずれないようにするのだ。


そしてドリルで穴を開けていく。
最初は3mmの刃を使用している。
いきなり大きな刃をあてるとズレちゃうのだ。


3mmの穴を開け終わったところだ。
ちなみにtakerockはいつも写真のように大き目のビニール袋の中で穴を開けている。
こうすると削りクズが周りに飛び散らないので家の中でも余裕で作業が行なえる。
ただし、ドリルの巻き込みには気をつけなきゃダメだが。

お次は5mm~6mmで穴を開ける。こんな感じだ。


さて、takerockの持っているドリルではこれ以上大きなドリルは開けられない。
つーか100円ショップにこれ以上のドリルを売っていない(笑)
ここからはリーマーで穴を広げていく。
コイツを穴に突っ込んでグリグリやるのだ。
何も考えずにグリグリやってると、穴が大きくなりすぎて泣きそうになるので
パーツのサイズと合わせながら少しずつ広げる。


最終的にこんな感じになった。
塗装をしない方はこの段階で最初に書いた線を消しゴムで消し、組み込みに
入る。これはこれでハンドメイドっぽいので悪くないのだが、takerockは
ここから塗装に入る。

ってな訳で以下次号だ。
スポンサーサイト
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。