ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FatBoostを作ろう その5 ~完成!その名は廻天~

暖かくなってきましたなぁ。
咲き誇る満開の桜の下で繰り広げられる・・・醜態、醜態また醜態
いやぁ春ですなぁ。

さて今日はいよいよFat Boostをケースに組み込もう。ここまでくれば完成は
目前だ。目前・・・なんだが意外に時間がかかる。オイラだけだろうか。


以前の作業で基板を完成させ、可変抵抗までつなげている。

これをケース内に収める訳だが、変な部分に接触してショートしないよう絶縁
させる必要がある。松美庵さんのサイトに便利な方法が紹介されている。
グルーガンで基板裏側をコーティングするのだ。

クッション付きの両面テープをそのまま貼ってもいいのだが、突き出た部品の足
が両面テープを破ってしまうとも限らない。
その後、両面テープを貼ってケースに取り付けた可変抵抗に貼り付ける。


ケース内の配線は『誰でも作れるギターエフェクター』を参考にしている。
3PDTのフットスイッチの配線は何度やっても覚えられない(笑)のでその度に本を
開いてチェックする。

そんな感じで内部の配線が完了した。


さて完成と思いフタを閉めようとすると・・・危ない危ないこのケースは厚さが
あまりないので背の高い部品が飛び出ている。なので指で軽く曲げておく。

アップで見るとホント配線がグチャグチャだなぁ。素人工作員さんを見習って
精進せねば。いつも少し長めに配線をするのだが、どうも見栄えが悪くなって
いかん。今度からはギリでいこう。

さて、ここまでやって、また大変な失敗をやらかしているのに気付いた。
なんとスイッチを固定するのにレンチで引っかいてしまい、ラベルが削れて
しまった。どうもこのエフェクターは災難続きだ。
そのうちケースをキレイに作り直してあげようと思う。

ま、そのヒドイ出来具合でも見てやって下され。


あ、これでも音はサイコーなんだからな。マジで。



今週のスタジオに持ち込み、デカイ音でチェックした後に又報告しようと思う。
スポンサーサイト
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。