ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Landgraffを作ろう その1 ~意気消沈編~

さて、Fat Boostも完成しスタジオでの大音量チェックを残すのみだ。
となると、やはり次のエフェクターを作るしかあるまい。

実はtakerockは今ものすごく多忙な毎日を送っている。
それでも僅かな空き時間を見つけてはエフェクター作りに勤しんでいるなんざ
自分でもビョーキとしか思えない。笑っとけ笑っとけ。

さて、Landgraffだ。
Landgraffとはアメリカで作られているハンドメイドエフェクターなんだが、
日本国内では7万~8万ぐらいで売られているのだ。
ケースの塗装はひとつとして同じものがなく、その音色は素晴らしいもの
らしい。
そんなバカ高いエフェクターでも自作すれば部品代数千円で済む。
まぁ同じ音がでるかどうかはやってみなくちゃわからんが。
これこそ自作の醍醐味じゃないか。
ビンボー人自作野郎の意地を見せてやるぜ。

さて、詳細は割愛するが、基板まで完成した。
(なぜ詳細を割愛するかというと、とあるスジから入手した回路図をもとに
 作ったものなので、あまりおおっぴらにするのはマズいというtakerockの
 配慮のつもりだ。takerockの配慮は往々にして裏目に出ることが多いのが
 玉にキズだが。)

さて、チェックだ。例によって南極チェック君1号で音を出してみよう。

あれ?音が出ない。ちっまたか・・・
絶対最初は音が出ないんだよな。もう一度つなぎ直してっと。
やっぱり出ない。
う~ん何故だ。どこにもおかしなところはなさそうなんだが。

よし。チェックはじっくり時間をかけてやろうじゃないか。
とことんオマエに付き合うぜベイベー。

その間何をしようか。
おぉそうだ。今回は感光基板を使って作ったのだが、自分の整理の為にも
感光基板を使って基板を作成する手順をまとめておこう。

なかなか手間のかかる作業(takerockは好きだが)なので超大作になる予定だ。
巷ではナルニア国物語を超えるんじゃないかってもっぱらの噂だ。

それじゃまた明日。
スポンサーサイト
自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。