ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストラトをリフレットせよ! その5

しばらくのご無沙汰でございます。
もはや恒例となってしまった怒涛の仕事の忙しさに軽く心が折れそうなtakerockです。こんばんは。

さて、ストラトさんのリフレットですよ。

前回、フレットの打ち込みまで完了しました。
今回はフレット打ち変えのキモとも言える『すり合わせ』ですよ。
チ○コと右手のこすり合わせならtakerockさん大得意なんですが、すり合わせは果たして上手くいくのでしょうか。

20091121

まずは下準備として指板全てにマスキングテープを貼ります。
これをやらないとフレットの細かな鉄粉が指板についてえらいこっちゃになります。

20091122

ホームセンターで購入した長めのアングル材でフレットの状態を見ます。
アングル材を当てた状態で横にある紙を入れてみます。紙が入らなければ隙間はなし。紙が入ればその分隙間が開いてるってことになります。
これを各弦のポジション毎にやって現在のフレットの状態を確認する訳です。

20091123

同じくホームセンターで入手したコの字型のアングル材に120番の紙やすりを貼付けて、わっしわっしと削っていきます。それはもう親の敵のごとく。
時たまフレットの状態を確認しないと削り過ぎちゃって目も当てられないので削っちゃー確認の繰り返しです。
アングル材で全てのフレットに紙が入らなくなったらすり合わせ完了です。

20091124

さて、お次はすり合わせで削れたフレットを修正します。
最初は丸かったフレットもすり合わせのおかげで台形になっちゃってます。
これをそのままにするリペアショップもあるようですが、ちゃんとキレイにしておきたいトコロです。
このヤスリを使ってフレットの形を整えます。

20091125

ここでやりすぎるとフレットの高さが変わってしまい泣く泣くすり合わせをやり直すという悪夢が待っているのでほどほどにしましょう。

以下次号!
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。