ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROSS Phaserを作ろう その10 ~変態ってどんな色~

こんばんは、アタマに"ド"がつく真面目なtakerockさんです。
ハイそこ、『え~~?』とか言わないように。

さて、今日もROSS Phaserである。今日は塗装でもやってみようじゃないか。
エフェクターのケース加工には色んな技があり、ケースの表面に色々な素材を
かぶせる方もいれば、ケースを少し溶かして浮き彫りのようなキレイな模様を
作っちゃったりするツワモノまでいる。

takerockはといえば、オーソドックスにケースを塗装し、その上にラベルを貼って
コーティングする手法をとり続けている。
ナゼか?これしかできないってのもあるが、ラベルの美しさでもうちょい勝負する
のだ。それに飽きたら、他の色々な技にもチャレンジしようとは思っているが。

でもケースに色々な素材をかぶせるってのはどうなんだろうか?
ムレてカユくなっちゃったりしないのだろうか。いやエフェクターの話ですよ。
その内実験してみたいところではあるなぁ。

あまり書くと『やっぱり変態だ』とか言われかねないのでサクサク進めることにする。

では塗装だ。ROSS Phaserの作成テーマは
『お嬢様のように爽やかでありながら女王様のように変態チック』なので
それにふさわしい色がいいなぁ。

・・・よし、決めた。ピンクにしよう。おピンクだ。
早速100円ショップでスプレーを買ってきて塗装する。
塗装に関しては以前の記事で紹介しているので興味のあるかたはご覧あれ。



ちょっと薄いピンクだったな。ショッキングピンクのようなドギツイ色の方が
よかったかもしれないが、まぁよい。

次はコイツにはりつけるラベルだ。今回は空間系エフェクターなので以前の
Landgraffの時に使用した『雷神様』ではなく、『風神様』にお出まし頂く。
例によって風神様の周りを余白が残ることなく気合でカットする。



以前の雷神様は酔っ払って作業したせいもあり、周囲の余白が若干残ってしまった
部分があったが、今回は大成功だ。



いい感じじゃない? 更にアップだ。



ここまでキレイにできるとtakerock的には大満足だ(笑)。
このケースをみてひとりニヤニヤしていたので家族は『とうとうイっちゃったか』
と思ったようだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。