ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exciterを作ろう その6 ~がっかりだよ!~

さて、エキサイターである。
例によって音が出るまでに苦労するパターンは相変わらずだ。
たまには製作から音出しまで何の問題も無く一発でスコーンといって欲しいもんだ。

昨日の記事でも触れたがこのエキサイター、初段のバッファを通過後に信号ライン
が分岐している。その両方で音が出ないので原因は初段バッファ辺りと推測して
その辺りを重点的に調べる。

ちなみにtakerockの場合、以下のポイントをまず調べる。
●基板レイアウト通りに配線されているか。
●導通があるかテスターで確認。

ちなみにtakerockの持っているテスターはやっすいヤツなので導通テスターがない。
どうやって導通を調べるかというと、抵抗値を計るモード(レンジがある場合は
一番小さなレンジ)を使用する。
これでつながっているかどうか確認したい2点間にテスターを当てると、つながって
いれば抵抗値(0.5~0.6Ω程度)が表示される。
表示されなければその2点間はつながっていない。

そうして間違いがあった場合は修正する。

さて、今回の場合は・・・レイアウトが違った部分は昨日修正したので基板
レイアウトに間違いはなさそうだ。
導通も初段バッファ辺りは全て導通している。
・・・おかしい。

では次のチェックだ。
●必要な部分に必要な電圧がきているか確認する。

テスターで計ってみた。
9V・・・来ている。 次にバイアス電圧(4.5V)・・・

うぉっ 4.5Vのところに9Vきとるがな。

よく見ると、バイアス電源近くでグランドに接続されてなければならない部分が
微妙につながっていない。
コイツを早速ハンダ付けする。すると・・・

やったよママン。音が出たよ。
ここまで辿り着いたところで今日は力尽きることにするのであった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。