ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御茶ノ水とは危険な街なり

実はこないだmixiの日記にも書いたのだが、御茶ノ水を散策していた時の事。
御茶ノ水はtakerockにとって非常に危険な街だ。

何が危険ってオイラの財布にとって非常に危険だ。
知らない方の為に補足すると御茶ノ水とは楽器屋が密集し『楽器の街』として
知られている。ね?危険でしょ?(笑)

ある楽器屋に入ろうとすると、中から大音量のギターの音が聞こえてきた。
ん?どっかで聞いたことがあるフレーズだ。

思い出した。BOΦWYの『BEAT SWEET』だ。確か。
BOΦWYとはまた懐かしいなオイ(笑)。

中に入ってみるとリーゼントにグラサンかけた兄ちゃんが
『布袋モデル』のギターを試奏していた。

その兄ちゃん、試奏にしてはかなりデカい音で弾きまくっている。
おかげで店中にBOΦWYが響き渡っている。
しかも微妙につっかかりながら、頻繁に音を外したBOΦWYサウンドだ。

一通り1曲弾きたおした後、今度は 『スモークオンザウォーター』
弾き始めた。
いわずと知れた、初心者が必ず弾くであろう1曲だ。

しかもこの兄ちゃん、絶対原曲聞いたことねえだろって感じでリズムもクソも
ない。

その後は、教則本に載ってそうなフレーズを延々と弾きたおす。
それもミストーン出まくりだ。

takerockはここで笑いをこらえることができなくなって外に出てしまった。

誤解しないで欲しいのだが、ギター始めて1年ぐらいだと思われるその20代半ば
ぐらいの兄ちゃんを決してバカにしている訳じゃない。

オイラにもそんな時期があったと思うのでむしろ微笑ましいぐらいだ。
ただね・・・得意気に大音量で弾きたおすのはちょっと考えた方がいいと思う訳だ。

オイラは未だに楽器屋で試奏するのはチョト勇気がいるぞ。
しかも少しでも上手く聞こえるようなフレーズだけしか弾かなかったりして(笑)。

更に今日のこと。
御茶ノ水には『明治大学』という大学のキャンパスがあるのだが、その前で
カップルがいちゃついている。そこでtakerockは我が目を疑う事になる。
takerockは初めて、

いい年ぶっこいて
ほっぺを膨らませて怒っているおねーちゃん
を見た。

げに恐ろしき御茶ノ水かな。べんべん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。