ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リードベンダーをゲット

昨日は東京でメジャー目指してがんばってる友達と『がっつり』飲んでおりました。
数年ぶりに会うにもかかわらず、オイラとそいつはまるで3日ぶりぐらいの感覚で
飲みに繰り出した。

つ~か一緒に飲んでても全然時の流れを感じないのである。
そこでふと気付いた。
昔から、ソイツとは『ギターの話』と『音楽の話』と『バカ話』しかしていない
のである(笑)。
そりゃ~10年前と同じような話しかしてなかったら時の流れなんぞ感じるわけ
ないわな。

さて、昨日はアキバに『Landgraff MO-D Distortion』の部品を調達しに行って
いた。Landgraffの話題は明日にでも書くとして、そこでおもしろいものをゲット
した。



携帯でとった写真なので見にくくて申し訳ないが、これは
『リードベンダー』という。何に使うのか?



基板を製作する時、抵抗やコンデンサ等のリード線を基板のサイズに合わせて
曲げる必要がある。基板は大体インチ規格で作るのだが、このツール、三角形の
幅にあわせて溝が彫ってある。そこに抵抗等を添えて足をグイっと曲げると、
取り付ける位置ピッタリに部品の足を曲げることができるというスグレモノだ。

もちろんtakerockにとってのみスグレモノなのは言うまでもない。
なぜこんなもんが重宝するかというと、基板のレイアウトによっては抵抗を
0.2インチの幅で曲げたり、0.3インチの幅で曲げたりと、色々な幅で足を曲げる
必要があるのだが、その都度幅を確認しながら足を曲げるのは結構な手間なのだ。

しかし、このリードベンダを使えば、その幅のところにセットしてエイヤッっと
曲げればあっという間にジャストな幅で足を曲げることが出来る。
部品数が多い場合には効果テキメンだ。

こうしてエフェクター製作、というか電子工作以外には絶対使わないような工具
がどんどん増えていく。なんか嬉しい。
あぁ誰かオイラを止めてくれ(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。