ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Landgraff Distortionを作ろう その2 ~仮組み~

今日もどこかでデビルマン。明日もどこかでデビルマン。
おかげさまで今日もいい感じに酔っ払っております。おぇっぷ。

さて、一部の方々にお楽しみにされている『Landgraff MO-D Distortion』。
とりあえず、週末にアキバを巡ってパーツを取り揃えた。

このエフェクターはクリッパにシリコンダイオードを使うので、アキバの秋月電子
に行って在庫があるかどうか聞いてみた。
『あるよ~ 100本入りで150円。』
迷わず購入してしまったのだが、100本のダイオードを使い切るのにいったい
いくつのエフェクターを作らなければならないのだろうか(笑)。

そのうちダイオードのプレゼント企画でもやろうかな。欲しい人がいればの話だが。

パーツを取り揃えて早速ブレッドボードで仮組みしてみた。
こんな時、ホントにブレッドボードは便利だな。もっと早く買えばよかったぜ。
今回は一発で音が出た。思えばこんな体験は初めてだ。

逆に一発で音が出ると嬉しさも半減だな(笑)。
ま、そこまで難しい回路ではないので当たり前っちゃー当たり前なんだが。

早速サウンドをチェック。

おぉ?いい歪みするじゃねーかコイツ。
実はtakerockはこの『Landgraff MO-D Distortion』を試奏したこともなければ、
そのパクリ元のエフェクターも試奏したことがなかったりする。

試奏の結果・・・ なんだ、このエフェクター、いい歪みするじゃねぇか。

ディストーションといえば、ハイとローが強調された所謂『ドンシャリ』サウンド
を想像する方も多いと思うのだが、コイツは中域が落ちることなくいい感じで
歪んでいる。オーバードライブとディストーションの中間のようなサウンドと
表現すればいいだろうか。
サスティンがあるのでギターソロに合いそうな感じだ。

よし、コイツを製作することにしよう。
製作に関する色々なアイデアもある。明日以降においおい紹介していこう。
なぜなら今日は酔っ払ってもう限界だからである(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。