ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター改造記 その壱

今日はギターを改造してみよう。

今東京に持ってきているギター、安物ギターだけあってなんか物足りない。
どんな風に物足りないかというと、
・高域に元気がない。
・音に奥行きがない。

このギター、前後ともハムバッカーなのでシングルほどに高域が出ないのは
しょうがないのだが、それでももうちょい高域が出て欲しいところだ。
それと音に奥行きがない件についてだが、通常ギターである音程を弾いた時、
弾いた音程だけでなく、様々な音が倍音として鳴っており、それが音に奥行きを
与えると思うのだが、その倍音がどうもあまり鳴っていない感じだ。

おっと、そういえばどんなギターを改造するか書いていなかったな。
改造するギターは2ハムバッカー、1ボリューム1トーンというごく一般的な
仕様だ。

さて、どう料理してくれようか。
ギターの改造では一般的な方法として、
・内部配線材の交換
・コンデンサーの交換
・ハムバッカーのタップ
があげられる。配線材の交換はよいとして、コンデンサーはどうしようか。

知らない方の為に説明すると、ギター内部にはコンデンサーという部品が取り付け
られている。コンデンサーはある周波数の音しか通さないという性質を持っている
為、つまみを調整してコンデンサーを通る音を調整して高音域を絞るのがトーン
回路の仕組みだ。ここで使用されるコンデンサーを交換することで音が変わる。

ハムバッカーのタップとは、従来2つのコイルを直列につないでノイズ除去と
音のパワーアップを達成しているハムバッカーの片方を鳴らないようにし、
シングルピックアップとして使えるようにする仕組みだ。
これによってパワーは落ちるが高域の出たジャキジャキの音を出すことが出来る。

さて、どのように改造しようか。配線材の交換は必須だよな。
コンデンサー・・・う~ん正直takerockはトーンつまみって全然使わないんだよな。
よし、いっそのことトーン回路を取っ払ってしまおう。

タップだが、このギターは最初からタップできるようになっているのでこのままだ。

よし、ではこの方針で改造を進めることとしよう。
おっとここまでで結構長くなってしまったので続きは明日だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。