ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既に作っちまったエフェクターその3 ~爆裂~

さて、今日は自作エフェクター第3弾、『爆裂』を紹介しよう。



わかる人にはわかると思うが、コイツはMarshall Guv'norである。
General Guitar Gadgetsさんのサイトに回路図や実態配線図が掲載されているので
初心者にもとっつきやすいエフェクターだと思う。
ただ、GGGさんのサイトにある回路のレイアウトだと無駄な部分が多いので
小さなケースには入らない。takerockは回路図とにらめっこしながらコンパクト
なレイアウトに作り変えてしまった。
Guv'norに関しては松美庵さんのサイトでも紹介されている。
松美庵さんのサイトは非常に勉強になるのでこれから自作を志す輩は是非
訪れるべきだ。勉強になるぞ。
takerockも毎日のようにチェックさせて頂いている。

ちなみにGGGさんのサイトにある実態配線図には一箇所間違いがあるので
参考にする人は注意が必要だ。
BASSのポットの配線部分なのだが、そのまんま作るとBASSのつまみを上げた時に
低音が無くなる。(笑)
なのでBASS部分のポットは1番と3番を逆につけるのだ。


コイツは感光基板で作った。この程度のレイアウトならユニバーサル基板でも
作れるのだろうが、takerockは感光基板で作ってしまった。
何故ならば、感光基板が余っていたからだ。
なぜ余っていたのかというと、前回のDelayを作る際、基板のサイズを調整
するために基板を半分にカットしたのだが、そうすると小さすぎてDelayの
基板が作れないことがカットした瞬間に判明した。
計画性の無い自分がホントに恨めしい。誰かこんなオイラを殴ってくれ。
たぶんやり返すと思うが。

余談だが、これまで作った3つのエフェクターは完成後に一発で音が鳴った
ことは一度もない。完成後、チェックのために電源やケーブルをつないで
音を出そうとすると・・・ 鳴らない。
基板を穴の開くほどながめても間違いはなさそうだ。
おかしいと思ってもう一度つないでみると、今度は音が出る。
3回ともそのパターンだ。電源やケーブルの接続ミスではないと思うのだが。
ひょっとしてオイラはエフェクターにバカにされてるんじゃなかろうか。

コイツは真紅の塗装にしてみた。色は『フェラーリレッド』
フェラーリですぜダンナ。なんか速そうだろ?
昔、車の模型を作った時に使用したスプレーがあったのでそれを有効利用。
我ながらいい色に仕上がった。


さて、サウンドだが、Marshallが作ったエフェクターだけあってMarshall
そのものな音がする。TONEもTREBLE、MID、BASSそれぞれに調整できるので
音作りの幅も広い。アンプと同じように、GAINを完全に絞ると音が出なくなる。
さすがMarshallだ。

コイツの完成後デカい音でチェックしようと思い、スタジオに持ち込んで弾いた
ところ、一発でメインの歪みに昇格が決定した。

コイツはオペアンプに"TL072CP"が使われているのだが、試しに"TL082CP"に
変えてみた。
う~ん低音が出るようになったのだが、粒が細かくなってディストーションより
のサウンドになってしまった。takerockはもっと粒が粗くてガッツンガッツン
くる音が好きなのでやっぱり"TL072CP"だな。

さあ、これで既に作成済みのエフェクターは全てだ。

次回からはFulltoneというメーカーの『Fat Boost』というブースターを
作成しようと思っている。
これは製作過程から紹介しようと思っているのでお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。