ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Landgraff Distortionを作ろう その7 ~切替構想の2~

オイラの恥ずかしいヒミツを告白します。
『博多華丸』って芸人いるでしょ? 児玉清の物マネするヤツね。

・・・ずっと『博多睾丸』だと思ってました。

なんか字面似てるよな(笑)。
周りの人間にも、『博多コーガンっておもしろいね』等と言っていた。
『誰それ?』等と言われようもんなら、
『知らないの?アンテナ低いぜ』とまで言い放っていた。

どうやら低かったのはオイラの程度だったようだ。
穴があったら突っ込みたい入りたいとはこのことだ。

さて、昨日に引き続き合体エフェクターの切り替えについてである。
昨日の記事でtakerockの考えた配線方法を公開した。

これは4PDTスイッチを使って2つの基板への入力を切り替えるものだ。
使っていない方のInputはグランドに落とすようにしている。
同時にLEDも点灯するようにしており、どちらの基板になっているかがすぐに
わかるというものだ。

すると、いつもお世話になっておりこのブログにも変態的な素敵なコメント
を頂いているケイズさんからアドバイスを頂いた。
『入力段にバッファがあれば、そこでグランドに落とせば3PDTのスイッチで
いける』というものだ。

なるほど・・・確かに4PDTスイッチは高いので3PDTスイッチでいけるのならそれに
越したことはない。一般的にバッファをかますと音が若干変わってしまうというが
試してみる価値は大いにある。

ただ、1点だけ大問題がある。
takerockがバッファの回路をよく理解していないのだ。
これは致命的だ(笑)。

よし、まずはその辺りの勉強から始めよう。
ただ、ネット上には自作エフェクターの説明等は数多くあるのだが、バッファ回路
に焦点を当てたサイトはほとんどないのが現状だ。
情報を集めるのが大変だが、ま、なんとかなるだろう(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。