ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたギター改造記 その壱 ~構想第一夜~

いや~今日はヤバかった。ホントヤバかった。

今日は少し遠くまで行く仕事があったのでいつもより長く電車に乗っていた。
目的地まで半分も来ていない頃から・・・

takerockのコーモンが強烈に自己主張を始めた。

正確に言うと自己主張していたのはコーモンではないな。
中に潜むアイツだ。 そうアイツ。

そういえば昨日はしこたま飲んだんだった。そりゃ腹も下り坂な訳だ。
その内、変な汗も噴き出してきた。
全神経をコーモンに集中させ、熱烈なビートを刻むアイツを押さえ込む。
ここで力尽きたらオイラの全てが終わってしまう(笑)。

いや~よかったよかった。何とか耐え抜くことが出来た。

さて、のっけからウ○コの話で申し訳ない。

今日は以前改造したギターを再度改造することを考える。
GuitarSynthが手詰まりの今、何か違うことをやって頭を冷やすためという狙いも
あるのだが、今のスタイルにジャストフィットするギターにしたいという思いもある。

以前の改造で、ノイズ対策と配線材の交換を行った。
これにより音抜けが良くなり使えるギターとなった。
又、トーンを取っ払って前後のピックアップボリュームを独立させることにより
レスポール特有のマシンガン奏法(※)も行える。

※マシンガン奏法・・・ピックアップを素早く切り替えることにより、
『ガガガガッ』というマシンガンのような音を出す小技だ。

今のままでもtakerockにとってはかなり使い勝手の良いギターとなっているのだが、
更に何かできることはないだろうかと考えた。
とりあえず、『音抜け』は極限まで良くしたい。

このギター、もともと前後のピックアップはタップできるようになっているのだが、
よく考えたらずっとレスポールを愛用してきたtakerock、シングルピックアップ
を使う機会がほとんどない。
これをツブしてもいいから音抜けを良くする方向で検討しよう。

実はある考えがある。それは何だと聞かれたら・・・

明日のお楽しみだ(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。