ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルアップボリュームを作ろう その1

今日はがんばったぞ~い。掃除、洗濯完璧にこなしてやった。
本音を言えば余りに色んな『毛』が落ちてる部屋に嫌気がさしてきた為だが(笑)。

さて、昨日の記事でフルアップボリュームではなく、ダイレクトスイッチの改造を
行うことに決めた。
ま、これはその方が今のスタイルに合っていると判断したのだが、実はもう一つ
理由がある。

一応フルアップボリュームを作ってみた上で判断したのだ。
理由の前にまず、フルアップボリュームをどうやって作るか紹介しよう。

フルアップボリュームには『2連ボリューム』と呼ばれる可変抵抗を使用する。
こんなヤツだ。



通常の可変抵抗は抵抗がひとつだけなのだが、コイツは同じ抵抗が2つ連なった
ものなのだ(そのまんまやな)。
ちなみに2つの抵抗値は同じものである。

可変抵抗はどちらかいっぱいにすると、いっぱいにした方の抵抗値はゼロに近く
なるのだが、完全にゼロにはならない。
この完全にゼロにはならない部分が音ヌケの悪さにつながっている。

この抵抗の場合、最も抵抗値が少ない部分で2.5Ωほどあった。

フルアップボリュームとは可変抵抗の中身をチョコチョコっといじくって、最小
にした時の抵抗値を小さくする方法だ。

フタを外すと中身はこうなっている。



さ~てコイツをアレしてこうする訳だが、続きは明日にしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。