ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルアップボリュームを作ろう その2

台風すごかったらしいな。
福岡の友人の家では屋上に設置してあったデカい物置が一人で旅立とうとしていた
ようだ。すんでのところで引き止めたらしいが、気付かなければ物置君の
『はじめてのおつかい in 台風』なんて笑えない状況になっていたものと
思われる。

さて、昨日の続きだ。どこまでいったっけ?あぁそうだ2連ボリュームを分解した
ところでしたな。



可変抵抗の中身がどのようになっているかというと、円の周囲にある黒い帯に
真ん中の端子がつながることにより抵抗値が変化する仕組みだ。
この黒い部分の端をカッターで削る。



お分かり頂けるだろうか。右端の部分がカッターで削った跡だ。
普通の可変抵抗でコレをやっちゃうと、ボリューム最大にする少し手前で音が
途切れてしまうのだが、2連ボリュームの片方にコイツを施し、2つのボリューム
を両方使って配線すると音が途切れることなく最大にした時の抵抗値をゼロに
できる。
回路図はこちらのサイトを参照して頂きたい。

・・・と、ここまでが理想論なのだが、実際にやってみたところ、最小でも1.5Ω
程の抵抗値があった。
それに対してトグルスイッチの抵抗値は0.6Ωほど。
テスターで何も付けない場合の抵抗値が0.5~0.6Ωなのでトグルスイッチの方が
抵抗値が少ないことになる。

よって今回はダイレクトスイッチの方法を採用することにした。
ひょっとするともっと良い2連ボリュームを使えば結果は変わってくるのかも
しれないが、どうなんだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。