ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日のためにその弐 ~ロックの基本は形から~

さて、昨日に引き続き、今日もエフェクター製作に必要な相棒どもを紹介しよう。

スマン。実はタイトルには何の意味もなかったりする。






































ドリルだ。
ケースに穴を開ける時に使用する。
このドリルはオークションで数百円でゲット
したものだ。ホントはもっといいドリルの方
がいいんだろうが、このくらいのドリルでも
十分使える。
リーマー。
ドリルで穴を開けた後、その穴を大きくする
のに使用する。
リーマーには手で持つための棒が付いている
のだが、写真のようにドライバーを使うと
まわしやすい。
ブラックライトだ。
感光基板を感光させる時に使用する。
昔から持っていたブラックライトと、使わなく
なったメタルラックを使用して最適な高さで
感光できるようにしてある。
グルーガンと呼ばれるものだ。
樹脂が熱で溶かされ先端からところてんの
ように出てくる。基板の裏側を絶縁したり、
LEDを固定したりするのに使っている。
これも100円ショップでゲット。
消毒用のアルコールだ。
薬局で数百円で買える。
100円ショップで買ったアトマイザーに入れて
いるのだが、こうしておけば使いやすいぞ。
食器乾燥機。
模型を作っていた頃に買ったものだ。
ケースを塗装した時、乾燥させる時間が
短くてすむ。おまけに乾燥中にホコリが
つくのを防いでくれるので助かる。
ちなみにこの乾燥機は『自然対流式』と
呼ばれるものだ。
タッパーだ。
残ったおかずを保存しておくのに使用する。
ウソだ。
基板を現像したりとか、エッチングしたりする
のに使用する。一番下の大きなタッパーは湯煎用
だ。一番上のはロート。
エッチング液は何度も再利用するものなのでこれ
があると容器に戻すのもスムーズだ。
温度計。
エッチングする時、最適な温度は40℃ぐらい
なのだが、それを測るのに使用する。
100円ショップで買ったものだが、もとは目盛り
付きのケースに入っていた。
使いにくいのでケースをとっぱらい、10℃毎に
線を引いている。
大まかな温度さえわかればよいのでこれで問題
ないのだ。
『チェック君1号』
その昔南極越冬隊員が持っていったという・・・
なんてものではなくて、作成した基盤をケースに
組み込む前にチェックするのに使っている。
100円ショップで買ったケースにジャックと電源、
エフェクトON/OFFスイッチを組み込んだだけの
簡単なものだが、チェックする時にいちいち線を
つながなくていいので非常に楽だ。
松美庵さんのサイトで紹介されていたものだが
これから何個もエフェクターを作ろうと思って
いる輩は是非作っておくことをお勧めする。


さて、道具に関しては細かくあげるとキリがないので製作過程で都度紹介
していこうと思う。
こうしてみると100円ショップでゲットしたものがえらく多いな。
100円ショップ恐るべし。
なんつーか本来の使い方でなくとも、色々工夫すれば安い材料費で色々できる
ってこった。
エフェクター作ってる最中はもちろん楽しいんだが、こうやって道具がだんだん
揃っていくのもまた楽しいんだコレが。
ほとんどビョーキですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。