ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SmokyAmpを作ろう その1 ~いつものごとく~

今日は『SmokyAmp』について考えてみよう。

あれ?『ElectricMistress』じゃなかったのと思ったアナタ。
いったい何のことを言ってるかわかりませんな。はっはっは。
あ、電波悪いんで電話切れそう。じゃーね~・・・ぷちっ

あ、ムリ?やっぱり? このパターンではゴマかせませんでしたか。
いや~ElectricMistressは大物すぎるので感光基板で製作するのだが、九州に
帰らないと基板が作れないのだよ。
おまけに基板レイアウトも考えなきゃならないしな。

つー訳で楽しみにしている方には申し訳ないが、今しばらくお待ち下され。

話を戻すが、『SmokyAmp』をご存知だろうか。こんなヤツだ。要はタバコの
空き箱にギターアンプを入れたものだな。コイツを自作しようというのだ。
んで、なんでSmokyAmpかっつーとこないだ100円ショップで手頃なサイズの
スピーカーを発見したのだ。こんなヤツ。



このケースとスピーカーを利用してSmokyAmpが作れないかと考えた訳だ。

以前からアチコチのサイトでSmokyAmpの自作記事を見かけており、面白そうだと
思っていたのだが、エフェクター製作ばっかりやっていたのでなかなか手を
出せなかった。
しかし、東京ではマルチエフェクターにヘッドフォンをつないでギターを弾いて
おり、これが結構疲れるのだ。ずっとヘッドフォンしてると肩凝るのね。

なのでアンプを作ってヘッドフォンしなくても歪んだゴキゲンなサウンドを
出したいと考えた訳だよ、明智君。(←誰だよオメーは)

このSmokyAmp、内部では『386』というICが使われているようだ。
この386というICは簡単な構成でアンプ回路が作れるらしい。

ネット上で回路図を探したところ、386を使用したアンプ回路をいくつか入手
できた。よし、コイツをもとにアンプを作ってみよう。

ってな訳でネット上にいくつか転がっていたSmokyAmp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。