ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SmokyAmpを作ろう その5 ~多い日でも安心~

よほほ~い。
ムレてないか~い? カユくないか~い? 巻き込んでないか~い?

何の話だ。
今日のオイラはいつにもましてハイテンションだ。
そんなオイラが今一番欲しいものをそっと教えよう。睡眠時間だ。

そんな働くtakerockに愛の手を。は~チョイナチョイナっと。

さて、発振しまくりでにっちもさっちもどうにもブルドックなSmokyAmp。
みなさんから教えて頂いた回路を色々と試してみたのだが、ハイゲインな回路だと
もれなく歪む。
今回使用する『386』はゲインを20倍~200倍まで調整できるのだが、200倍
近くのゲインだと、必ず発振する状態だ。

今回使用しているのは『NJM386BD』というタイプであり、同じ型番の別の386に
交換しても状況が変わらないことからICの故障ではないと思われる。

と、ここでNJMのサイトを見ていた時、あることを発見した。
『NJM386』『NJM386B』という2種類があるのだ。

"386"という型番が同じことから、同じような動作をすることは間違いないのだが、
『NJM386B』の方が出力が高いようだ。出力が高いと当然発振しやすくなる。
takerockが今回使用しているのは『NJM386BD』。

ん?何だかパーツがつながってきた気がしないかい?

謎は全て解けた。

等と金田一少年並みの台詞を吐いてみたいところだが、正直わからん(笑)。
ただ、今のところ他に考えられる対策はないので『NJM386』を探してみよう。
これで解決するといいなぁ。と夢見る今日この頃。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。