ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスポールを弄ぼう その4

残尿感が止まらない。

たぶん冬だからだろう。

きっとそうだ。

間違いない。

こんばんはtakerockです。

いやめっきり寒くなりましたな。おかげで街を歩くおねーちゃんも厚いベールに
包まれてます。あ、それ脂肪でしたか。 失礼しました。

どうか刺されませんように。できれば挿しつ注されつ、くんずほぐれつで。

さて、今夜もレスポールをヒィヒィいわそう。
昨日の記事でトーン回路の除去まで終了した。

残るは配線材の交換だ。配線材の交換にはどうもセオリーがあるようで、音の出口
から交換するものらしい。
ま、確かに最初の方の配線が良くても最後の方の配線がショボければ出音もショボ
くなりますわな。

今回の改造ではそのセオリーに従い、出口部分の配線から交換しよう。
レスポールのコントロールは1枚のプレートに取り付けられており、いちいち
グランドの配線なんぞしなくていいようになっている。
そのプレートに取り付けられた端子からジャックまでの配線を交換する。



レスポールの場合、コントロール部~ピックアップセレクタ間の距離が長いので
この間の配線も交換したほうが良いに決まってるのだが、それは次回ピックアップ
周辺のノイズ対策とあわせて行うことにする。

ってな訳で配線交換は楽勝で終わってしまったので早速レビューだ。
友人のギターなのにまず自分がレビュー(笑)。

やっぱトーン回路を取っ払ったおかげでハイがよく出る。配線材の交換は正直あの
短い距離でどこまで効果がでたのかは分かりづらい。
オイラのレスポールと比べても明らかにハイがよく出ている。

・・・っと思ったらオイラのレスポールはピックアップをDimazioの"ToneZone"に
交換しているのでハイが出ないんだった(笑)。

次回の改造ではオイラのレスポールとあわせて大掛かりな改造にしよう。
いつになるかはわからんが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。