ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが作曲、されど作曲

さて、今日はずいぶん久しぶりにシラフだ。理由は簡単だ。
昨夜がっつり飲みすぎていまだに気分が悪いからである。
ただ、今もビールのフタを開けようかものすごく迷っているところではあるが。

さて今日も昨日に引き続き曲作りについての話でもしようか。

takerockはその昔、バンドの曲を作った時、全てのパートを作りそれを
テープ(時代がバレますな)に録音してメンバーに配布していた。
バンド全員で曲を作るのではない。オイラの作った曲をメンバーがコピーする
って感じだ。
作詞についてはボーカルの世界観を出して欲しかったのでボーカル部分は適当な
ウソ英語で歌っていた。その曲を聴きながらイメージされた情景を歌詞にすれば
よいと思ったからだ。

この方式、悪くはない。曲の方向性がブレることがない。しかも一度全ての
パートを一人の人間が作っているので統一感がある。

ただ、takerockはある時期を境にその方法をやめてしまった。

メンドくさくなったからだ。

ちょうどその時期からバンド内で空き時間にブルースでジャムったりし始めた
頃だと思う。

※ジャムる=ブルースのコード進行にあわせて即興で曲を演奏することなのだ

ギターが適当なリフを弾き始める。それにベース、ドラムが入ってくる。
ベースもドラムも思い思いにカッコいいフレーズを入れてくる。
するとtakerockはうれしくなってさらにかっこいいフレーズを返す。

キャッチボール等という生易しいものではない。『闘い』だ。

たまに驚くようなカッコいいフレーズを返してくれる時がある。
サプライズだ。そこからヒントを得て新しい曲ができることもある。

バンドのメンバーを心から信頼し始めた。

『なんだ、全て自分で考えなくてもコイツらに任しときゃいいじゃん』
それからは曲を作るときはコード進行とボーカルのメロディだけメンバー
に教えてみんなで曲を完成させるようになった。

ただ、完成するまで大変になった。締めるとこは締めないと方向性がバラバラ
になるからだ。だが、そうして出来上がった曲は自分ひとりで作った曲よりも
大好きな曲になった。

そんな自分が大好きである。
そんな風に思わせてくれるメンバーが大好きである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。