ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネックについて考える

今日はネックについて考えてみよう。

ネックとは-

その昔、クラプトンやジミー・ペイジ、キース・リチャーズらと並びギターの神様
と敬愛されたギタリストである。彼の為に設計されたピックアップは『JB』という
名前で発売され、名器の呼び声高いピックアップである。
(民明書房刊)

え?それはベック? ま、まぁ日本ではそうともいうかな、ウン。

冗談はさておき、ネックだ。
実はこないだ友人のレスポールを改造する時に気になったのだが、そのギター、
takerockのレスポールよりネックの幅が広い

その違いったらもう明らかに違う。
慣れるまでに少し時間を要しそうな程だ。

takerockはどうも細いネックのギターと縁があるようで、Fenderのテレキャス
もかなりネックが細い。Fenderといえば、大抵のギターはネックの幅が広く、
そして厚い。ところがオイラのテレキャスだけは薄く、そして幅も狭めなのだ。

そんな訳で幅の広いネックの経験が少ないtakerockなのである。
今のレスポールはみんな幅が広いのだろうか。
そうなるとちょっと使い辛そうな気がするのだが。

いずれはオーダーメイドで自分にピタリとミラクルフィットしたギターを作りたい
もんですなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。