ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★1万Hit記念コラボ企画★ Landgraff付きAmpを作ろう その4

ちょっと!ちょっとちょっと!

こんばんは。ザ・たっ・・・ コホン、takerockです。

双子の芸人に生まれなくてよかったと思います。いやまったく。

さて、ここんとこノリにノって製作を進めている『Landgraff付きAmp』です。
連載4回目にしてまだ製作にも入れていないってのがオイラらしくってよいです。
つーかね、ちゃんとベストな回路にしたい訳よ。 決して毎夜途中で力尽きてる
訳ではありませぬ。

昨日の記事でも触れたのだが、バンパーさんもこの回路について色々と考えて
くれていた。旅は道連れ世は情け、ケツの周りはク○だらけってね。

以前の記事でも触れたがtakerockの当初の目論見では、バッファ回路を取っ払った
Landgraffの回路を通るか通らないかをスイッチで選択する方法を考えていた。

この方法をブレッドボードで確認してみたところ、Effect ON/OFF時の音量差が
ちょっと大きすぎる感じだ。
そこでバンパーさんの出番な訳ですよ。

バンパーさんは2通りの方法を考えてくれていた。
案1:初段バッファ通過後に分岐させ、増幅回路通過後に復帰する
案2:スイッチでの分岐を行わず、ドライブつまみによって歪みとクリーンを
   調整する

いや~両方とも考えてなかった。すげー(笑)。
案2の場合だと切り替えスイッチが必要なくなる分スペースが節約できていいだろう。
しかし、takerockの方向性としてはスイッチ一発で歪みとクリーンを切り替えられる
方がおもしろいという判断から案1の方向で考える。

よ~し、そんじゃ回路図書いて作業を進めることとしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。