ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Electric Misressを作ろう その15 ~到達その参~

あ~久しぶりにドラクエやりたくなってきた。?か?辺りがいいなぁ。
こんばんは。takerockです。

さて、昨日の続きだ。

前回の記事:takerockさん、雑魚キャラでレベルアップ(地道編)

パターンを見直し、怪しい部分には片っ端からカッターで切れ目を入れたりハンダ
をテンコ盛りにした後、GAINのトリマーポットをいじくったら原音は鳴るように
なった訳だが、全くフランジャーの音がしない。

う~む何故だ。

ひょっとしてトリマーポットの設定か?

エレミスの基板にあるトリマーポットは5つ。
BIAS、Feedback、Balance、Clock、GAINだ。

BIASは4558につながるBIAS電圧を調整するものなので入力電圧15Vの半分って
ことで7.5V近辺にしてある。実際は15Vジェネレータの通過後にいくつか抵抗を
通って4558に来ている。その為電圧は14.5V程度だった。
よってBIASポット通過後の電圧は若干低め(7.2~7.3V程度)に設定した。

GAINは後段の増幅回路での増幅度合いを調整する。これまではこの設定が大き
過ぎた為に鳴らなくなっていた訳だ。

Feedback、Balance、Clockはフランジャーのかかり具合を調整するものなのだが
詳細は後日説明するとしましょう。

原音だけとはいえ、音が鳴るってことは回路やパターンは問題無さそうに思える。
しょうがないのでtakerockさん、試しにBIAS調整のトリマーポットをいじってみる。
すると・・・


いきなりギュインギュインいいだした!

何ぃ!?原因はBIASの調整ミスだったのか?
BIASのトリマーポットを調節し、最もギュインギュインいう位置にして電圧を測って
みた。その電圧は5.2Vほど

なるほど~これは盲点だわ。歪み系エフェクター等だと、BIAS電圧は入力電圧9Vの
半分で4.5Vにするので、入力電圧の半分が一番よい部分だと思い込んでいた。

とにかくフランジャーの音がするのは非常に嬉しい。
これまで苦労した甲斐があったってモンです。

と同時に色々な方々に迷惑をかけてしまったのを反省しなければならない。
本件の解決にご協力してくれたケイズさん、まやさん、choroq_zさん、ホントに
ありがとうございました!

このお礼はオイラの体で・・・ ←むしろ迷惑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。