ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感光基板でGo! その2 ~Sightseeing~

そういや最近エフェクターのチェック以外でギター弾いてないや(笑)
何やってんだオイラ(笑)

では今日も感光基板を作っていこう。
昨日までの作業でOHPシートに基板パターンが印刷され、それを焼き付ける
感光基板も準備できた。今日は感光基板に焼き付ける作業を進めていこう。

まずは黒いビニールテープを7~8cmぐらいの長さに切って4本ほど準備する。


次に100円ショップで買ってきた写真立てを使う。

感光基板とパターンを印刷したOHPシートを挟み込む。この時パターンの向き
には細心の注意を払うべし。
 ●裏表は逆になっていないかい?
 ●感光基板とOHPシートはピッタリくっついているかい?


その後、パターンの周りの余った部分に最初に準備した黒いビニールテープを
貼り付ける。ここまでの作業も素早く行うべし。

何故こんなことをするのか?理由はカンタン。エッチング液がもったいないからだ。
エッチング液は再利用できるのだが、それでも限度はある。エッチングとは基板
上の銅箔を溶かす作業に他ならないのだが、溶かす銅の量が少ないほどエッチング
液は長持ちする。よって不要な部分はマスキングしておくのだ。

さあ、いよいよ露光だ。takerock works特製露光マッスィ~ンにて露光させる。
何のことはない。使わなくなったメタルラックにブラックライトをくくりつけた
だけなのだが。

基板とライトの距離は3cm程度にしてある。
この状態で以下のようにして感光させる。
●まずは定番、東京タワー
すまぬ。
●基板の真ん中にライトが当たるようにして3分30秒感光
  ↓
●基板の端にライトが当たるようにして3分30秒感光
  ↓
●反対側の端にライトが当たるようにして3分30秒感光
って具合に合計10分30秒感光させる。


『誰でも作れるギターエフェクター』では3分×3セットで合計9分と書かれていたの
だが、以前やった時若干露光がアマい部分があったので少し時間を延ばした。

成功していれば、ライトが当たった部分の色が少し薄くなっているのがわかる
はずだ。

今日はここまでにしといてやろう。
次回は現像~エッチングだ。 乞うご期待。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。