ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコーディング顛末記 ~その2~

みんな! みんなの睡眠時間をオラに分けてくれ!

・・・等と孫悟空ばりに叫んだところで温かい布団には入れません。

どうだ、悲しくなってきたろう。
こんばんは。takerockです。

この1週間の睡眠時間を数えると何故か悲しくなってくるのは気のせいでしょうか。
気のせいでしょうね。こんな時こそポジティブシンキング♪

・・・アホだオイラ。

さて、レコーディングです。

前回の記事でリズム録りの準備まで完了しました。

一般的なレコーディングの方法としては、ドラムとベースは同時に録音する。
もちろんドラムとベースを分けて順番に録音することも可能なのだが、通常は一緒
に録音する。何故か?

その方がやりやすいからです。うん、身も蓋もない答え(笑)。

経験者なら分かると思うが、バンドで演奏する時ってのは耳だけで周囲の音を聞い
てるんじゃないんですな。体で感じる音って意外と重要な訳ですよ。
それをヘッドフォンを使って耳からの情報だけでやろうとすると合わせづらいし、
なによりグルーブが出ない。なので一緒に録音する方がいいんですな。

そんな感じでがんばってる方々がこちら。



ドラムのはー様なんてテンパりながらも必死で喰らいついています。



ベースの平野も酒すら飲まずにがんばってます。←当たり前だ

がんばるんだ、リズム隊!

・・・と、応援だけしてればよいのならこの段階ではまだ気が楽なんですが、そうは
問屋が卸さない訳です。

リズム録りの間、takerockさんには大事な仕事があります。それは・・・

ガイドのギターを弾き続ける事。

ベースとドラムしか音がない場合、曲の構成等が分かりづらいんですよ。なので
その間ギターも録音はしないけど同時に弾いてガイドとする訳です。

正直、しんどかった(笑)。

さぁ、次はいよいよギター録りです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。