ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコーディング顛末記 ~その3~

お前も蝋人形プレイしてやろうか! うへへへへ

こんばんは。デーモンtakerockです。

さて、レコーディングです。

前回の記事でリズム隊まで録り終えました。
前日の夜10時から準備を始め、この時点で朝の5時。なかなか良いペースであり
ます。レコーディング前はその倍の時間はかかると思ってたんですから(笑)。

軽く休憩を挟み、いよいよギター録り。
最初にランディのバッキングを録ります。

・・・と思ったらあっという間に終わっちゃったもんで写真撮り忘れてます。

だって1テイクか2テイクでOK出しちゃうんですもの(笑)。

この時点で朝8時な訳です。
いかん、ちょっと仮眠しないとオイラのギター録り無理(笑)。

ってな訳で3時間ほど仮眠して午後からギター録り開始な訳ですよ。
ギターはつい最近メインギターの座に君臨したTokaiのレスポールさん。
アンプはもちろんHughes & KettnerのTriAmpを使います。



ギターが吼えます。闘魂注入な訳ですよ。よく意味が分かりませんが。

通常ギターはバッキング部分、ソロ部分などを分けて2~3本は重ねます。
重ねるってのは別トラックに録音するってことなんですがね。
なので全く間違えずに弾いても1曲あたり2~3回は弾かなきゃならない訳ですよ。
もちろん楽しいので苦労だとは思いませぬが。

ちなみにこれからレコーディングしようとしているギター弾きの皆様、ギター録り
がスムーズに進むよう、事前にどのトラックで何を弾くかを考えて紙に書いておき
ましょう。例えば、

曲名:○○○
トラック1:バッキング
トラック2:ソロ、エンディング部分ソロ
トラック3:サビ部分オブリガート

なんて具合に。
レコーディング時ってのはテンパっちゃってて、録らなきゃいけないフレーズを
弾き忘れちゃったりして後で後悔してももう遅いなんつーことがあるのですよ。
これを書いておくとそれぞれのトラックでOKテイクが出た後、次のテイクで何を
弾くってのはすぐに思い出せます。

ついでにその紙をコピってエンジニアさんにも渡しておくと、エンジニアさんも
進行が掴みやすくてなおよろしい感じです。

さぁ次は感動のフィナーレです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。