ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛のギターリペア月間 ~組長のレスポール編~ その2

♪この~毛何の毛気になる毛
  みんなが集まる毛ですから♪

どんな毛だ。

こんばんは。takerockです。
今日もランディのギターを弄りたおしましょう。

実は今回のリペアを行うのに、takerockさん大失敗してまして。
何をやらかしたかってーと、Gibsonのレスポールにはロングシャフトのボリューム
ポットが使われてる訳ですよ。しかもインチ規格な。

ランディの要望として、今まで付けられていたボリュームポットはそのまま基板に
つけた状態で保管しておきたいってのがあった訳ですよ。
ま、そうすれば後で元に戻すのも簡単ですしね。

なので、ランディに
『インチ規格でロングシャフトのボリュームポットを4つ準備しといて』
とお願いして準備しておいてもらったんですな。
作業を始めて以前のポットを取り外し、新しいポットを取り付けたところ・・・

やけにボリュームが出っ張ってらっしゃる。

それはもう見事なほどにそそり立つボリュームポッド。おまけにつまみも合わねーし。
いや~やらかしちゃいました。

トーカイのレスポールさんは、普通のシャフトでおまけにミリ規格だったんですな。
なので新しいポットをすぐに買いに走り、なんとか取り付け完了です。



コンデンサには定番とも言えるオレンジドロップを使用。

配線材にはランディが色々と拘って集めてきた配線を使った訳です。



takerockさんは普段エナメルコーティングの線材は使わないので知らなかったん
ですが、エナメルコーティングって結構メンドくさいのな。
ワイヤートリッパーを使って被覆を剥いた後もうっすらとコーティングされてらっ
しゃる。カブってるってのはおねーちゃんに嫌われるんですがね。

うっすらとコーティングされているのをカッターの背を使って削り落としてやっと
ハンダ付けできます。



スイッチ部分はこんな感じ。

さて、全ての配線を交換し終わり完成!

また最後の方写真撮り忘れてます(笑)。熱中しすぎだっつーの。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。