ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライングVベースをリペアしよう その2

♪は~るよこい は~やくこい♪

こんばんは。頭の中は常春、takerockです。

そんなマリネラ王国の話は置いといて、フライングVベースのリペアです。

前回の記事でブースター回路らしきものを発見した。



このベース、2ボリューム1トーンではなく、1ボリューム1トーン・1ブースター
ボリュームとなっていた。チップ抵抗とチップコンデンサで非常にコンパクトに
仕上げられております。

試しにこの回路を取っ払って配線してみた。

おぉいい感じ。前は音量が急に変わったりしてたのがすっかり解消されました。
依頼主に相談したところ、ブースターは必要ないとのこと。
これは渡りに船じゃあ~りませんか。

よしってな訳でちゃっちゃと配線しましょう。
アクティブピックアップは、ピックアップ内部にプリアンプが内蔵されている為
9Vの電源を必要とするが、それ以外の配線はパッシブタイプとなんら変わらない。
もちろんボリュームポット、トーンポットの抵抗値は違いますが。



ってな訳で若干駆け足気味ではありますが、リペア完了!



ちなみにこのベース、1ボリューム・1トーン、ピックアップはフロント・リア同時
出力という『漢(おとこ)』仕様となっている。

これがまたイイ音で鳴る訳ですよ。今までアクティブピックアップを心のどこかで
バカにしてたんですが、反省です。
これはこれでアリな音ですな。EMG恐るべし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。