ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナット調整に挑む その2

どうしても耳から離れない曲ってあるよね。
それが名曲ってモンなんでしょうか。

ま、例えそれがオ○ム真○教の歌だったとしても。
かなり昔に数回聞いただけの曲のメロディが10年たっても覚えてるとは恐るべし。

こんばんは。takerockです。

ってな訳でナット調整ですよ。
早速作業に入りましょう。

トラスロッドのカバーを外します。



おぉ驚いた。リッケンバッカーのトラスロッドは2本の鉄の棒で調整するタイプの
ようです。このタイプを実際に見るのは初めてです。いったいどうやって調整する
んでしょか。
今回はネックの調整は必要ないのでとっとと次の作業に入りましょう。

まずは今のナットをとっぱずします。外し方は簡単。



こうやって添え木を当てて軽くハンマーで叩くとポロッと外れます。
ただ、一度もナット交換されたことのないギターやベースは事前にナットとヘッド
との間にカッターで軽く切れ込みを入れた方がよいです。
そうしないとナットを外したとたんに周りの塗装まで一緒に外しちゃった、なんて
悲しすぎる結果がお待ちかねです。

今回も念のためカッターで軽くナットとヘッドの間をなぞるように数回切れ込みを
入れておきました。
そうして外れた結果がこちら。



キレイに取れました。接着剤が残ってるのでこの部分は400番程度の紙やすりをかけ、
接着剤を取り除いて平らにならしておきます。



取っ払ったナットからスペーサーを外したトコロ。まだ幾分スペーサーの欠片が
残ってるのでこちらにも400番の紙やすりをかけます。

なんだかいい感じになってきたところで以下次号!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。