ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスポールを救え! その1

おいおいおい、いつのまにか梅雨の季節らしいですぜ?
やだな~ だって鼻もげちゃったりするらしいし。


















あ、それ梅毒ですか。

こんばんは。takerockです。
ひょっとしてアタマにカビが生えちゃってるのかもしれませぬ。
そのうちチ○コにも(以下自粛


これまでギターやベースのリペアといえば主に配線系をやってきたtakerockさん。
実は木工にも興味をもってましてね。ネック折れとかボロボロギターのリペアとか
できるようになったら楽しそうじゃないですか。
何が楽しそうなんだかよく分かりませんが、少なくともオイラはすげー楽しい(笑)。

と、そんなオイラにうってつけのリペア依頼が。

モノはBurny(FERNANDES)のレスポール。
このレスポール、とあるミュージシャンがFERNANDESにオーダーして作ってもらった
ものですごく良いモノです。ただ・・・



ご覧のように表面の張りトラが浮き上がってます。こんな状態は珍しい。
他にも
・リアピックアップ欠如
・背面のフタ欠如
・全体的な汚れ
等、悲しいぐらいに冷遇されちゃってます。おそらく張りトラが浮き上がってきた
時点で使われなくなっちゃったんでしょうなぁ。

よっしゃ、このレスポールさんを再びゴキゲンなギターにしちゃいましょう。
まずはこの張りトラをどうにかします。

ま、簡単に言えば接着剤で貼り付けるだけなんですがね。

しかーし!!

ここでその辺に売ってるフツーの木工用ボンドを使っちゃいけません。
コイツを使います。



タイトボンド。

普通の木工用ボンドは乾いた後も柔らかいままです。ギターのリペアに使うのは
少々具合がよろしくない訳で。
その点、このタイトボンドは乾いた後非常に硬くなり、削ったり等の作業も楽に
出来るというスグレモノです。

そんじゃコイツを使って作業を始めるとしましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。