ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Burnyレスポールをリペアする その2

清純派で売り出したアイドルが次々と危険日に中出しされる今日この頃、皆様いかが
お過ごしでしょうか。

つーかコンドームの存在を知らねんじゃね?

こんばんは、takerockです。

さて、今日もレスポールさんのリペアですよ。

ピックアップはオイラも使っているDimazioの『SuperDistortion』を入手しました。
DimazioとDuncanには明確な音の作り方の違いがあって、Dimazioはどちらかといえば
『グシャッ』とした音、Duncanはちょっと硬めな音になっている気がします。
全部がそうだとは思いませんが、基本となる音作りはそうなってるんじゃないかと。



トップ材は結構な厚みなんですがねぇ。良いギターの判定方法とは難しいモンです。



そうこうしてる間にピックアップと配線の交換が終わっちまいました。
まぁ写真を撮ってなかったとも言いますが。il||li _| ̄|○ il||li



レスポールのリペアも結構な本数やったのでこの辺の作業は楽勝です。

仕上げに出来るだけギターをキレイにしてあげます。
ボディとネックはお馴染みレモンオイルで磨きます。汚れたネックをレモンオイル
で磨くのが実は大好きだったりします。
みるみる汚れが落ちていくのがたまらん(笑)。

交換していないフロントピックアップはコンパウンドでわっしわっし磨きます。
ちょうど家には極細目しかなかったのでこの作業、辛いのなんの。



よっしゃ、これで使えるレベルになりました。
ガンガン弾きこんで『鳴る』ギターにして欲しいモンです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。