ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インレイを作ろう その2

実は来週の4/20~4/24で東京に行くことになりました。
誰かお暇な方がいましたら一緒に世界経済の行く末について語り合おうじゃあり
ませんか。
もしくは『何故ウルトラマンは最初にスペシウム光線を出さないのか?』
いうテーマでも可。

こんばんは、takerockです。
さて、インレイ製作の続きでごぜーますよ。

前回の記事ではインレイの周囲を切り取るところまでやりました。
今日はいよいよプレートに貼り付けます。

まずは位置合わせ。



ネットで画像を確認しながらいかにもな位置に合わせます。
『いかにも』な位置とはあくまでインレイがカッコ良く見える位置のことです。
決して本物がどうこう等という話ではありません。

位置が決まったらプレートへの貼り付けです。
このインレイはプラモデルのデカールと同じなのでぬるま湯に10秒間程度浸した後、
プレートの上でそっと台紙からずらしてあげると転写できます。



細かな位置調整は綿棒を水に濡らし、表面をそっと押さえながらズラすと簡単に調整が
できます。位置調整が終わったら今度は乾いた綿棒で表面を軽く押さえながら余分な
水分を取ると同時に、中に入った気泡を外に出してあげましょう。

文字ばっかりの解説ですねぇ。何故かって?

作業に集中し過ぎて写真撮り忘れてるからに決まってるじゃありませんか。

その後乾くまで放置し、上からクリアーを数回に分けて吹きます。
ま、この辺はエフェクターの塗装と同じですな。
十分な厚みになったら表面をコンパウンドで仕上げます。
その辺はコチラに詳しく書いてるのでご参照あれ。

さて、そんなこんなで完成しましたよっと。



うん。段差も目立たないし、イイ感じで仕上がったんじゃないでしょうか。
皆様あくまで自己満足の範囲内でお楽しみあそばせ(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。