ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Killerギターを組み上げよう その1

『木を隠すなら森の中』という諺があります。
これは同じようなものがたくさんある中に紛れ込ませると見つけにくい、という意味です。
これを体を張って体現しているのがAKB48だと思います。

こんばんは、takerockです。

さて、我がNAKED TWISTERSの組長、ランディさんから『ギターを組み上げて欲しい』という依頼を受けまして。
それはコチラ。

Killer01

Killerのギターですよ。

Killer02

知人から良いボディとネックを貰ったので組み上げて鳴らしてみたいんですと。
パーツはランディが一通り揃えてきたので作業は組み上げるだけ。よっしゃそんじゃやったりますか。

Killer03

ピックアップはどこぞのレスポールから持ってきたカバードタイプのもの。
さすがにKillerにカバードのハムバッカーは合わないってことでカバーをとっ外します。

Killer04

カバードタイプのハムは本体とカバーが写真のようにハンダ付けされている為、除去してやらなければなりません。

Killer05

かなり厚く盛られている為、ハンダ吸い取り線では心許ありません。なのでコイツを使います。

Killer06

盛られたハンダを温めながら、溶けたところで一気に吸いとる、と。
これを両側にやれば、外れます。
たまに隙間にハンダが染み込んでいてなかなか外れない場合もありますが、その時は泣きながら頑張りましょう。

Killer07

よっしゃ、無事にカバーが外れました。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。