ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックよ時を越えろ

こんばんは。引越しの方はなんとか終わったのだが、未だ山のような段ボール
の囲まれて今日のブログを書いております。

さて、今から8年前の今日、takerockの大好きなミュージシャンに会えなくなり
ました。takerockは彼が本当に大好きだった。
彼はビジュアル系のカリスマとして語られる事が多いのだが、takerockは彼を
ビジュアル系だと思ったことはない。
よくライブハウス等では勘違いしたメイクバリバリの兄ちゃんどもが勘違いした
言動をしているのを見かけるが、どうしても彼がそれと同じカテゴリだとは思え
ない。

オイラに言わせれば、彼は『ロック』だ。それもバリバリのな。
そもそも音楽をカテゴライズすることもtakerockはあまり好きではないのだが。
良い音楽に本来ジャンルや国境の違いなどないではないか。
イカしたギターを奏で、イカした生き方をしたヤツを『ロック』と呼ぶのに
なんの問題があるだろうか。

話がそれたが、takerockは彼が死んだとは思っていない。ちょっと遠くに
行っちゃってるだけなのだと思っている。
その証拠に、彼に会おうと思えばいつでも会うことができる。
CDをトレーに乗せれば、ビデオ(今だとDVDだな)デッキにブチ込めば、
いつでも彼に会うことができる。

スピーカーから聞こえてくる彼の音楽は何度聴いても飽きることなどなく、いつ
でもtakerockのハートをわしづかみにしてくれる。

悲しいことに音楽は消費されるものと成り下がった現在だが、本当に良い音楽とは
時代を経てなお輝き続けるものだと思う。

そんな彼に今夜は乾杯だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。