ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイラのアンプ その参 ~謎のアンプTamick~

そういえば今日は『子供の日』でしたなぁ。
takerockは精神年齢が異常に低いと言われているのだが、するってーと
今日は『オイラの日』だったってことだろうか。

さて、アンプ紹介も今日が最後だ。

3台目のアンプは"Tamick"というメーカーのミニアンプだ。

このアンプは友人からもらったものだが、Tamickというメーカーは聞いたことが
ない。謎のアンプだ(笑)。
出力は20Wのようなのだが、家の中で使う分には十分だ。
もっともtakerockはスタジオ以外でギターを弾くことはほとんどなく、エフェクター
が完成した時のサウンドチェックだとか、覚えなければならない曲が多くてせっぱ
つまった時のみというギタリストとしてどうかという状態なのだが。

このアンプ、別に壊れても惜しくないものなのでエフェクターの回路チェックに
重宝している。
基板が完成して、音が出るかチェックをするのだが、音が出ないことが往々にして
ある。
そんな時は回路のINPUTから順番にOUTの線をつなげてみるのだ。
これで音が出なくなった部分がハンダ不良だったりすることが多い。
(興味がある方は以前の記事で紹介しているので参考にしてくれ)

このチェックをやっている間は『ブツッ』というアンプにとってはとてもしんどい
ノイズが出ているので、壊れてもよいと思っているアンプでないとできないのだ。
間違っても"Hughes & Kettner TriAmp"なんぞではできない荒技だ。

そういった意味でこのアンプはとても役に立っているといえよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。