ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Landgraffを作ろう その10 ~勝手推理編~

さて、今『エンタの神様』を見ながらこのブログを書いているが、未だに
わからないことがひとつだけある。

小梅太夫ってホントに大人気なのか?

さて、Landgraffである。気がつけばLandgraffに関する記事はもう10回目だ。
見ている方もいつになったら完成するのかやきもきしながら見ていることだろう。
ま、お茶でも飲みながらじっくり見てくだされ。

昨夜はNAKED TWISTERSのスタジオだったのでトランジスタを交換して歪みが上がった
Landgraffを持ち込んで大音量でチェックしてみた。
結果、

やっぱり歪みが足りん・・・

歪まない訳ではないのだが、Guv'norと比較すると全然なのだ。
比較の対象がGuv'norなのがそもそもおかしいかもしれないが、現在メインで使って
いるのがGuv'norなのでしょうがない。

ただ、トランジスタを"2SC1815-GR"から"2SC1815-BL"に交換したことで歪みがアップ
したことは事実だ。

先日も触れたが2SC1815というトランジスタは増幅率の違いによって
"Y"、"GR"、"BL"という3種類が存在する。
それぞれの増幅率(hFE)は
Yランク:120~240
GRランク:200~400
BLランク:350~700
というふうになっている。

先日10個ほど購入した2SC1815-BLのhFEを測定したところ、400~520の
範囲だった。

ここからはtakerockの推測でしかないのだが、Landgraffの歪みにはトランジスタ
の増幅率(hFE)が深く関係しているのだと思う。
なぜそう考えたかというと2SC1815-GRから2SC1815-BLに交換し、増幅率が上がった
時に歪みがアップしたからだ。

今回Landgraffに使用した2SC1815-BLは増幅率520程度のものだった。
上記の通り2SC1815-BLの増幅率は350~700なので520という値は中間程度だ。
よって更に増幅率の高いものを探すことにしよう。目標は650程度だな。

この増幅率は個体によってかなりバラつきがある。
いったい何個購入すればお目当てのモノはゲットできるのか・・・
まだまだ道は険しそうである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。