ようこそ『takerock Rock'nRoll Heaven』へ。
このブログでは楽器のリペアや自作エフェクターの記事を中心に掲載しています。

You are th Stomper!! (since 2006/09/12) 無料カウンター ご縁カウンタFree!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカしたラベルへの道その? ~それでよかったのか~

今日はNAKED TWISTERSのスタジオだった。
何を隠そう5/27(土)にライブを控えているので今は追い込み中だったりする。
その割にエフェクターばっかりイヂっててさっぱりギターを弾いていないのだが。
いかんこんなこと書いてるとメンバーにボコられてしまう(笑)。

さて、今日はイカしたラベル作成の仕上げだ。

今の状態を絵にするとこんな感じだ。


この上にクリアを薄く2~3回に分けて吹く。何度も言うがスプレー塗装の基本は
『薄く回数を多く』が基本だ。
ラベルを貼った状態でクリアを厚く吹いてしまうとラベルにシワが入ってしまう
こともあるようだ。

できればクリアを吹いた後は最低でも丸1日は乾燥させておいた方がよい。
表面は乾いていても内部は乾燥していないことがあるのだ。
こだわりのある方は1週間ぐらい寝かせておくらしいぞ。

今の状態はこんな感じだ。


この状態だと、表面に均一にクリアの塗膜が乗っかっているので依然ラベルとの
段差は目立っている。
この状態を改善する為に使用するモノ、それは『コンパウンド』だ。

日本語でいうと『研磨剤』だな。
これはカー用品店等で売られている。やすりと同じように目の細かさがあるの
だが、模型やエフェクターの表面処理には『極細目』がよい。

これを布に少量つけながら全体を磨く。紙やすりをかける時と同じように縦・横
それぞれの方向に磨くのだ。
以下のような状態になるのが理想だ。


ラベルの上に盛り上がったクリアの塗膜が削れ、他の部分と同じ高さになっている。
こうなればラベルの段差は全く目立たなくなる。

しかーし!!

タトゥーシールは模型のデカールに比べて厚みがあるので上のような状態には
決してならない。
この辺りがタトゥーシールの限界であろう。デカールは薄い為、上手く処理すれば
段差が全く目立たなくなる。

ただ、タトゥーシールにも利点はある。インクジェットプリンタを使用するので
微妙な色合いが表現しやすい。
この辺りは作ろうとしている絵柄によって随時判断するしかないだろうな。

最終的にはこうなった。


ラベル部分に若干の段差は見られるがまあ良い出来になったのではないだろうか。

これにてラベルの作成は完了である。
ここまですると、エフェクターに対する愛着がわくぞ。いやマジで(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分語り

takerock

Author:takerock
博多で活動するON THE EDGEのギタリスト。ギターやベースのリペア、エフェクター製作などなんでもこなす便利屋さん。

twitter
愛の告白

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
押せば命の泉湧く
玉音
事業仕分け

openclose

発掘
RSS
書庫たん

▲NOW

引用記事
携帯から
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。